「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 28日
振動板?
f0062737_2585979.jpg

少し前に造った響棒を仕組んだ振動版を壁に設置しました。
蝶番で留めたので角度は自由に変えられるようにしました。

写真では設置状況を解りやすくするために角度を多めにして有りますが、この状態で実際に聴くと定位がかなりずれます。

振動版の効果は音量を大きくした時にはかなり有りますが、小音量ではあまり振動せず、効果が薄らぐようです。

板による音の反射ではなく、板自体の振動がおき易い仕組みにしたので、壁にべたっと付けているスピーカーにも関わらず、横への広がりが出ました。

ちなみに左壁はこのような仕掛けを施さなくても横への広がりが出ています。




f0062737_2591233.jpg

中央に写っているモノも反射パネルと言うよりも振動パネルと言ったほうがよい造りとしました。

使用した板は薄いものです。

最初の設置ではスピーカーのサイドウイングはそのままに振動パネルを床に直置きで試したのですが、塩梅は最悪でした。
低音と中音が完全にこもってしまい酷い状況になりました。 

おそらく
原因は後面開放としている為に後ろからの逆相音が振動パネルにより効率よく前に出たからではないかと思っています。


次にセッティングしたのが写真の状態です。
スピーカーのサイドウイングを後ろに曲げ、振動パネルを持ち上げてセッティングを出してみました。

この状態は最初の時よりかは低音、中音共にこもりは和らいだのですが、入れる前と比べると、明らかにマイナスになっていたので、振動パネルは結局撤去しました。

見た目はかっこ良いのですが、肝心の音がダメでは仕方有りません。


その後、リスポジの後ろに設置しましたら、良い感じでした。

石井式の本に書いてあるデッドエンド-ライブエンドの考え方は 私の部屋、、または私の好みの音には有効なようです。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-07-28 15:04 | ルーム アコースティック | Comments(6)
2010年 07月 25日
電源ケーブル
f0062737_232218.jpg

d4studioさんからお借りした電源ケーブルを約1週間使ってみました。

このケーブルは低音が出ますよ という事でしたが、低音の量感は変わりませんでした。しかし質感には変化がありました。

それにしてもケーブルというのは訳が解らない。
確かに変化はありますが何故変化するのか訳が解らないです。

オーディオの中でもケーブル選びというのは本当に難しい世界だと思います。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-07-25 23:13 | オーディオ | Comments(17)
2010年 07月 20日
OFF会 d4studioさんところのstudio
f0062737_18402680.jpg

行ってきました。
約1年ぶりの再訪問です。

久しぶりに見るALTEC210はでかかった!です。
一年前とはいえ一度お邪魔し210の大きさは経験済みですので2度目は慣れたものだと思っていましたが、はじめて見た時よりも大きく感じました。

d4studioさんに 
「流石にこの大きさとなると見慣れる事はないですよね~」とたずねると
「毎日見ていると慣れてきてそんなに大きくは感じなくなりますよ」との事でした。(汗・・・

210と比べると私のスピーカーなんて小型システムだと思えてきます。

つづき
[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-07-20 18:46 | 色々 | Comments(6)
2010年 07月 17日
メタルマウスピース
f0062737_15533854.jpg

                        Otto Link Super Tone Master 7







メタルマウスピースの持つ鋭い音を出してみたくなり、メタルマウスピースを調べてみると どうやらテナーのメタルではOtto Link Super Tone Masterがド定番とわかり、さっそく購入しました。


吹いてみると これがまたとても良い感じで 立ち上がりが鋭く
サブトーンもエロティックなまでに官能的にフォフォフォフォフォ~ときます。

そうはいっても、これがはじめてのメタルマッピですので、本当に出来のよい当たりマッピなのかどうかは解りません。

上手になれば色々と拘りが出てくるのでしょうが、初心者である今の私にはとても魅力的な音色に感じます。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-07-17 15:09 | 色々 | Comments(0)
2010年 07月 12日
響棒
f0062737_2143497.jpg

アコギ等で使われている響棒の考えを利用し、壁面に設置するチューニング材を造っている途中です。

板に付いているリブは壁の内側にくるので設置すると見えなくなります。




響棒を調べていて興味深いモノを見つけました。



YAMAHA AREテクノロジー



AREテクノロジーを施した板のみの販売は行なっていないとは思いますが、これが使えれば、ビンテージエンクロージャーの持つ響きが再現出るかも知れません。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-07-12 21:16 | ルーム アコースティック | Comments(6)