<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年 08月 31日
ジグソーランプ シェード
f0062737_198158.jpg

綺麗なランプシェードです。
ジグソーランプ シェードと言います。
コレを知ったのは4年ぐらい前の事。

先日たまたまオークションで見つけ落札しました。

ルイス・ポールセンやレ・クリントも良いですが、このジグソーランプ シェードもなかなかの雰囲気を持っています。

価格がリーズナブルなところもいいです。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2009-08-31 19:15 | 色々 | Comments(5)
2009年 08月 27日
RX-78-2
f0062737_054255.jpg

実物大ガンダム見てきました。

興奮しました。







f0062737_055033.jpg

こちらは以前 私が組み立てた1/100ガンダムです。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2009-08-27 00:11 | 色々 | Comments(10)
2009年 08月 16日
f0062737_1261729.jpg

自宅でもやれるように台を購入しました。

規格サイズでは無く規格の3/4のサイズです。

練習には十分使えそうですが、平面の精度が良くないのでゲームには使えなさそうです。
マッセやジャンプを行うとタップがラシャに当たった訳ではなくともラシャに傷がすぐに付きます。

しかし、色々と不具合は有りますが自宅で練習できるというのは嬉しくなります。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2009-08-16 01:36 | 色々
2009年 08月 07日
趣味
f0062737_16361135.jpg

最近 復活した趣味です。
高校生の時は、趣味が高じて玉突き場でバイトまでしていました。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2009-08-07 16:39 | 色々 | Comments(11)
2009年 08月 03日
超弩級システム ALTEC210
f0062737_1485363.jpg

d4studioさんのALTEC210を中心としたシステムを聴かせて頂きました。

いや~ 凄かった!!


ALTEC210はその音色はおろか、実物を見た事も無かったので 
スタジオに通され実物を見た瞬間は想像以上の余りの巨大さに驚きました。


スタジオ(部屋)の大きさは40畳、天井高さは3.5m、床はコンクリートで金ゴテ押さえ。
床は一部 白くペンキで塗られていますが、これはd4studioさんが自ら施工されたそうです。

リスニングルームとしては羨ましいの一言につきる環境です。




f0062737_1632289.jpg

ALTEC1005Bホーンが210のフロントロードホーン部にすっぽり納まっています。
1005Bはご存知の通り決して小型のホーンではないにも関わらず、すっぽりです。
この事からも210の奥行きが尋常ではない事がうかがえます。

ちなみに、JBL4550では210ほど奥行きが無いので ここまですっぽりは嵌らないそうです。





f0062737_16302164.jpg

d4studioさんのシステムは3WAY構成。
高域担当のテュイーターはJBL2402でした。

ALTECは私も使用していますのでテュイーターを合わせる難しさは理解しております。

d4studioさんのテュイーターのセッティングは見事としか言いようがない馴染具合でした。

シンバル等はシャンシャンでは無く、カッチーン カッティーンと重さを伴い 聴いていて心地よかったです。






f0062737_16312053.jpg

ん~。この容姿。凄みが有ります。
非常にカッコ宜しいです!




f0062737_1630318.jpg

コンプレッションドライバーはラディアン。
同軸配置された515との繋がりも見事でした。







f0062737_16314588.jpg

巨大な210、出てくる音色もスケールの大きいものでした。

JAZZなどは目を閉じると あたかもそこで本当にライブが開かれているような錯覚におちいりました。
サックスも等身大、ドラムも等身大、ピアノも等身大。

しかしベースに限っては等身大以上の大きさに感じましたが、これは大きなシステムで聴いているからではなく、録音がベースを強調しているからしょうがない事でした。

210はバスレフ開口が正面下部に有りますが、蓋がして有りました。
試行錯誤の結果のようです。

蓋は完全に閉めている訳ではなく、ほんの少し細いスリットとして明けている様に見えました。

お話によると、開口を明けたままの状態ではポートからの低音が主張してしまい、音の繋がりが得にくくなってしまうそうで、蓋をしたら塩梅が良くなったそうです。

音の繋がりは各ユニットとも違和感無く感じられ、d4studioさんのオーディオに対するスキルの高さがうかがえました。


それと、後面開放も試されたそうですが、その時には なかなかの鳴りっぷりで好結果が得られたそうです。






f0062737_16315417.jpg


210の右端に写っているd4studioさんとスピーカーの大きさを比較すると、尋常ではない大きさがお解かり頂けるかと思います。


今回のオフ会は音楽を聴かせていただいた時間よりも お話をしている時間の方が長かったです。

オーディオの話は勿論ありましたが、それ以外にも沢山のお話が有り とても有意義で楽しい時間でした。

中でも驚いたのがバウハウスについてです。

バウハウスというと、影響を与えたのは建築だけかと思っていましたが、写真にも大きな影響を与えていたそうです。


それに写真家であるd4studioさんの作品も見せて頂きました。

やはりプロが撮る写真というのは訴えかけてくるモノが有ると感じました。
ジーと一枚一枚の写真を見ていると知らぬ間に見入ってしまうのです。



本当に楽しいオフ会でした。
d4studioさん ありがとうございました。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2009-08-03 01:53 | 色々 | Comments(14)