<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2007年 12月 31日
今年の聴き納め BUNCA
f0062737_208637.jpg

昨日はようやく大掃除も終わり、今年最後の聴き納めとして、BUNCAへ行ってきました。

写真はマイクロのSX8000Ⅱフルシステム?です。
フルメンテの賜物か、妙に光って見えます。

マスターが居れば無理言って聴かせてもらおうかと思っていましたが、残念ながら不在で聴けませんでした。

More
[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-31 20:20 | 色々
2007年 12月 25日
また一人・・・・巨匠が
f0062737_11332364.jpg


私が最も好きなJazzピアニスト 「鍵盤の帝王」 オスカー・ピーターソンが23日夜、腎臓疾患のためカナダ・オンタリオ州ミシソーガの自宅で亡くなったそうです。享年82歳。
あの演奏をもう二度とLiveで聴け無いのかと思うと非常に悲しいです。
今日は追悼の意を込めてオスカー・ピーターソンをひたすら聴こうと思っています。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-25 11:40 | 色々 | Comments(13)
2007年 12月 11日
CDだとあんまり読まないから気がつかない事
f0062737_21322172.jpg


More
[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-11 21:54 | 音楽 | Comments(8)
2007年 12月 11日
六義園のライトアップ
旧古河邸に引き続き、六義園のライトアップを見てきました。
f0062737_5560100.jpg


日本庭園をライトアップすると こんなにも美しいとは感動しました。

GX100にミニミニ三脚を取り付け撮影しました。
[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-11 06:43 | 色々 | Comments(4)
2007年 12月 10日
旧古河邸
f0062737_12565862.jpg

今年も残すところ後21日となりましたが、地球温暖化のせいでしょうか、東京ではまだまだ紅葉が見ごろです。

写真多目です。
[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-10 11:45 | 色々 | Comments(2)
2007年 12月 07日
SAEC WE-407/23 WE-407/GT ALIGNMENT PROTRACTOR
SAEC WE-407/23 アライメントプロトラクター
SAEC WE-407/GT アライメントプロトラクター

f0062737_1632464.gif

SAEC WE-407/23 WE-407/GT ALIGNMENT PROTRACTOR←PDFファイルはこちらからどうぞ。

今回も仕事の合間の気分転換に作成したテンプレートです。
何時ものように私の自己満足のために作成しました。ご使用はご自由にどうぞ。

※商用目的での使用は遠慮下さい。

本来、国産アームの場合はアライメントプロトラクターの必要性は無いのですが、私の趣味で作成したものです。

それにしても407/23の水平トラッキングエラー角ゼロポイントの外周側と内周側の間隔は狭いです。ここまで狭いとなると相当シビアなセッティングが必要になると思われます。

ちなみに、407/23はヘッドシェル上で-1mmカートリッジをずらす(オーバーハング11mm)事で407/GTに近い水平トラッキングエラー角ゼロポイントの設定に出来ます。

さらにちなみに
407/23と407/GTでここまで水平トラッキングエラー角ゼロポイントが違うとなると、おのずと最大偏差角も違ってきますので、厳密にはインサイドフォースキャンセラーの錘の重量も違わなければならない事になります。

という事で久々にマニアックな内容でした。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-07 16:35 | アライメントプロトラクター | Comments(12)
2007年 12月 04日
ちょっとマニアックなアナログ調整法
f0062737_1643188.jpg

コレなんだか解りますでしょうか?
ちょっとセクスイーなジャケ写の方ではなく、おねーちゃんの方でもなく手前の方です。

答え
[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-04 17:04 | オーディオ | Comments(14)
2007年 12月 01日
マコト・オゾネとケン・ペプロフスキー
f0062737_18121981.jpg


寝起きの一発目は元気のいいJazzを聴きたくなりますが、夕方になるとしみじみ系が聴きたくなる今日この頃です。






小曽根真

Falling In Love, Again

内容はピアノソロで、2007年4月の録音です。
Jazzに関わらず音楽というのは感情を込めて演奏するのが当然と言うのは解っていながらも、
このアルバムを聴くと「感情こもっているな」とつくづく思ってしまいます。

それと、録音レベルが低く、ダイナミックレンジはかなり優秀に聞こえます。




ケン・ペプロフスキー・カルテット/星に願いを
録音:2006年 発売2007年

ケン・ペプロフスキー(TS,CL)
テッド・ローゼンタール(P)
ゲイリー・マッツァロッピ(B)
ジェフ・ブリリンガー(DS)

しっとりとしたまったり系のバラードでした。
寒くなってきたこの時期、暖房の効いた部屋でゆったりとくつろぎながら聴くのに最適なアルバムかと思います。


例により、2枚ともバンカのマスターに貰ったものです。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-12-01 18:22 | 音楽 | Comments(8)