「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:サブシステム( 142 )

2012年 08月 04日
開放型スピーカーの後ろは吸音したほうがいいみたい
f0062737_632670.jpg

スピーカーの後方に厚手のカーテンを垂らし吸音しました。

ユニットが箱に収められていない私のSPは後方から廻り込んできた逆位相の音が盛大に正位相の音を打ち消していたようで、響きが殆ど伴わない音でしたが、カーテンを吊るす事で大分楽器の持つ響きが聴こえてくる様になりました。

定位も幾分か前になり、曲の中で大きな音が出たときの張り出し具合もより前方に来るようになりました。

音が痩せる事も無く
確りとした低音と図太い中音に響きが加わり良い感じになりました。


吸音して響きが加るなんて理屈では解っていても面白いですね。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2012-08-04 06:46 | サブシステム | Comments(16)
2011年 12月 16日
やっぱりバッフルは広いほうが良いのだ
f0062737_1859565.jpg


私のスピーカは後面開放というか平面バッフルというかどっちともつかない方式で、
どちらかと言うと平面バッフルだとおもいます。

平面バッフルは広いほうが良いに決まっていると何故か昨日の寝る前に思い出したので試しでバッフル面積を増やしてみました。

結果は昔から言われている通り広いほうが良いようです。

現状は試しでやっただけなので板をクランプで仮止めですがそのうちちゃんとしたのをこしらえようと思います。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2011-12-16 19:11 | サブシステム | Comments(6)
2011年 12月 07日
安いからといって音も安物とは限らない
f0062737_222983.jpg

Pioneer PL-11 アイドラードライブ
1960年代に生産された国産アイドラードライブのプレーヤーです。
当時の定価は1万9800円と当時でもエントリークラスのプレーヤーだったようです。

アイドラー式のプレーヤーを使ったことが無かったのでいきなり高級機のアイドラー式にいく前にエントリークラスでどんなものかと試してみました。

届いた当初はサーサーサー又はコーコーコーとアイドラーの摩れる音が聞こえていましたが、アイドラーの軸部にモリブデングルスを塗りましたら耳障りは音は極小になりました。

例によってオクにて落札したモノです。
出品者によると各所注油済みの実働品という事でしたが案の定メンテは中途半端なものでした。

昔の機器は造りが単純なのでメンテも容易に出来るだろうと思って落札したのでアイドラーからの異音がしても余り気になりませんでした。
グリスを塗っただけで解決しましたし。


マットですが最初は普通についているゴム製のターンテーブルマットを使い聞いていましたが、普段のぞいているブログの方々がやられているフェルトのマットが気になったのでゴムマットをやめフェルトに変えてみました。

結構好みの音が出てきました。
他のプレーヤーにもフェルトのマットを使おうかな~と思わせるくらい良い感じです。



f0062737_2222453.jpg

アイドラーです。
造りは至って単純。

アイドラーが少々磨り減っているせいで回転が少々速いです。
あまり聴き込んでいないアルバムならばテンポの速さは気になりませんが、聴き込んだアルバムではテンポの速さに気が付きます。
気が付くと気になってしょうがないので聴き込んだのはこのプレーヤーでは聴かない事にしました。






f0062737_222416.jpg

付属で付いてきたMMカートは多分初めから付いていた純正だと思います。
このカートは低音を主体としたピラミッドバランスでなかなか良い感じです。
針圧は解らないので適当に3g程掛けています。
アームには針圧印加の数字の刻みが有りませんので、きっと適当でもOKという当時のパイオニアの判断だったのではないかと思います。

アイドラードライブ初めて使いましたがレコードがよりレコードらしく鳴って楽しいです。
DDとはやはり音が違いますね~。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2011-12-07 02:57 | サブシステム | Comments(2)
2011年 11月 30日
今更ですがTシャツです
f0062737_23381630.jpg

これを買ったのは春だったか夏だったか忘れましたが、SOMETHIN‘ELSEのTシャツです。


f0062737_23425417.jpg

これを着て街中を歩くにはベタ過ぎて私には恥ずかしくて出来ませんので飾っています。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2011-11-30 23:48 | サブシステム | Comments(0)
2011年 11月 29日
変なクロスだって良いじゃないか
f0062737_18313846.jpg


現在のALTECは3WAYで聴いております。
クロスは500Hzと3300Hzです。

それにしても写真がピンボケです。
写真をみて思い出しましたがいつもダダリオがあまってアーニーボールが先になくなります。
意識して使っている訳ではないのですがいつもそうです。

そういえばヘビーゲージの換弦無くなってました。買わなくては・・・。

話を戻しまして
このクロス一般的ではないと思いますが
2WAYのような濃厚な中域を残しつつ帯域を広げるには良い感じと思います。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2011-11-29 18:44 | サブシステム | Comments(0)
2011年 07月 26日
Technics EPC271C-S
f0062737_2157837.jpg



f0062737_21571893.jpg


久しぶりにカートリッジを購入しました。

Technics EPC271C-S


テクニクスのカートは低音の量感が豊かで好みです。

適正針圧は1.75gみたいですが、カンチレバーに負担をかけるのを承知で2.5gもかけています。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2011-07-26 22:08 | サブシステム | Comments(6)
2010年 08月 31日
音量
f0062737_363461.jpg

ちょっと低音を緩めようと思いダンピングファクターの異常に高いピービーのCS800SからONKYOのM8000に変更しました。

ONKYOのM8000はネットで検索をかけても殆ど資料がないのでよく解らないAMPですが、内部を覗くと完全デュアルモノラル構成のようで、当時jのONKYOのやる気を感じる事が出来ます。



変更後の変化ですが、狙い通り低音が緩みました。
しかし、解ってはいた事ですが、M8000も石のAMPですのでダンピングファクターはそこそこ有るようですので劇的な変化では有りませんでした。

ま~、ちょっとだけ低音を緩めたいと思っていたので狙い通りではあります。

本気で緩めたいと思ったら球のシングルAMPを使うところですが、私の好みからは遠ざかるので球AMPを使う予定は有りませんが、音の好みは変化するものなので、そうなったらいきなり全て球に変えるかも知れませんが・・・・。





f0062737_3274589.jpg

写真にあるボリュームの位置がサブシステムで最も質感を感じ取れる音量です。
時計で言うと9時40分ぐらいかと思います。

全てのALTEC製品がそうなのか知りませんが、私が使っているALTECのユニットは この9時40分ぐらいのボリューム位置で音に芯が宿ります。

ボリュームを9時ぐらいにすると体に振動を感じ取る事は出来ますが、音楽の楽器の芯が見えてこないです。

全く持ってドッカンターボの車のようです。
9時の位置からちょっとひねると途端に芯が見えてくる。


これは能率の高いユニットには良くある話かもしれません。

M8000はパワーメーターが付いているので9時40分の位置でのローユニットへの針の触れをみると約0.1Wでした。

ローで0.1WですからMIDに関しては0.01Wぐらいかと思います。

パワーアンプは最大出力付近が最も美味しい音が出るそうですが、そうだとすると高能率SPには低出力AMPの方がむしろ向いているのかも知れませんね。



大分前から解っていた事を再認識した次第です。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-08-31 03:48 | サブシステム | Comments(4)
2010年 01月 27日
mr902-16hfに交換
f0062737_1113337.jpg





f0062737_11132379.jpg





f0062737_11133455.jpg

パワーアンプはSPの後ろに追いやりました。




f0062737_11134315.jpg

高域の厚みを伴いつつ上が伸びた感じになりましたが、やはりソフトによっては入れないほうが良い感じに聴こえる時も有ります。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-01-27 11:35 | サブシステム | Comments(12)
2010年 01月 22日
MR 902-16HF
f0062737_2232854.jpg








f0062737_22321498.jpg



部屋も取り合えず出来た事だし、大分前に仕入れておいたコイツでもそろそろ繋いでみようかと思っています。

それにしてもMR902-16HFはツィーターとALTECでは言っていますが、どう見てもスロート壱インチのドライバーにコンデンサーで下をカットしたものにしか見えません。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-01-22 22:39 | サブシステム | Comments(4)
2009年 05月 13日
色々変更
f0062737_158364.jpg

今まで使っていたNECのAVA-505(5チャンネルパワーアンプ)の調子が悪くなったので、手持ちのアンプに変えてみました。

ついでにその他もろもろやってみました。

ミッドにはハフラーのP1000





f0062737_1582673.jpg

ローにはピービーのCS800S





f0062737_1584424.jpg

ツイーターは黒く塗り、フェイズプラグを付け





f0062737_1585138.jpg

プラス1チャンネル方式にエナコムを入れ





f0062737_1585938.jpg

サイドウイングに補強を施し





f0062737_1596100.jpg

現状の全体はこんな感じです。

パッと見 全然変わっていないようですが、音は変化してます。



不満な点は無くはないですが、取り合えず音楽を楽しめる状態ですので、OKと感じています。






f0062737_1591469.jpg

先日 古本屋で仕入れてきた雑誌等を読みながら、現状の音を聴いています。

家関係の本は こんなものか・・・・という内容でした。が有名建築家が出している本よりかは読みやすかったです。


ホームシアターという雑誌ははじめて読んだのですが、それを載せては まずいのではないか?と思わせれる内容も有り、インストーラーとかいう人たちが建築を何も勉強していない素人がやっている場合も有る事が解りました。

一方、専用のホームシアター構築の為にルームアコースティックの重要性をかなり以前から紹介していたようで、感心もしました。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2009-05-13 02:22 | サブシステム | Comments(11)