2006年 02月 17日
初めて私のシステムでレコードがなりました。
f0062737_18444877.jpg

記念すべき最初にかけたレコードは
OSCAR PETERSONです。B面のFly me to the moon 
アナログプレーヤーの計画を立てた時から決めていました。

セッティングを済ませ、プリのセレクターを合わせると、
ブ~ン

ハム発生です。
しかし、ハムを気にするよりも一刻も早くレコードを聞いてみたかったので
さっそく針を落としました。

第一印象は

音圧が低い!

いつもCDを聞いている音圧までボリュームを上げ、再び聞いてみると


これはいい!!

という感じです。

OSCAR PETERSON B面のFly me to the moonは期待を裏切らない最高の演奏を披露してくれました。(オスカーピーターソンなら当たり前ですかね)

このシステムで音楽を聴いて こんなにも楽しくて、嬉しくなったのは久々です。

オスカーピーターソン最高!!そしてFly me to the moon最高!

それにしても3012Rの調整は難しいですね。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-02-17 19:10 | オーディオ | Comments(5)
Commented by boxersound at 2006-02-17 20:01 x
アナログの立ち上げおめでとうございます。
44gですね。私も32年前に購入しました。シュアーらしい
音のするカートリッジです。 3012はうまく調整できましたか? 取り説やオーバーハングゲージはお持ちですか?コピーで良ければ送りますよ (*^^)v 
Commented by darda95_215 at 2006-02-17 21:22
音出しおめでとうございます。
カッコイイですねぇ、3012にオルト、3009を足してシュアーなんて使い分けたらもう最強ですね、いいなぁ。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-02-17 21:48
有難うございます。
プレーヤーがなかなか搬入されなかったので、期待ばかり膨れ上がっていたのですが、期待以上でした。
いや~ アナログっていいものですね。
実は調整のほうがうまくいかず無理やり水平バランスをとり針圧をかけております。水準器買ってこないと水平バランスはうまく取れないものなんでしょうか?
それとシェルがアームにはまらずシェルのボッチを若干削ってはめ込む事ができました。
Commented by boxer-sound at 2006-02-17 21:58
このシェルと44Gのセットなら水平を取る時メインウェイトは1/2で取れると思います。SMEはオーバーハングとインサイドフォースが割とシビアですから細かく調整して下さい。当然、シェルとカートリッジを変えた時にはラテラルバランスも調整して下さいね。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-02-17 22:20
ラテラルバランス?・・・
今、調べました。そのような調整もあったんですね。
奥が深いです。
メインウエイトは1/2と・・・
お!!水平とれました。
有難うございます。

dardaさん。
3009は今月中には搬入予定です。ですので、あせってカートリッジを物色しておりました。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 助言      来た! >>