2007年 10月 31日
歴史ある街を巡る旅 地獄谷野猿公園・国道292号線 編
長野 歴史ある街を巡る旅の二日目は渋温泉の朝の散歩から始まり、金具屋のチェックアウトを済ませ、まずは野生のニホンザルが温泉に入っている姿が見れる地獄谷野猿公園へ行きました。

f0062737_274934.jpg


渋温泉から車で20分ほどの所で直ぐにつきました。
ただし、途中の山道はとても狭く、運が悪いと対向車とすれ違い出来る道幅の所までバックしないといけないぐらいの狭い道で、少し緊張しながら運転しました。

ちなみに山道は当然ながら私の担当でした。

この写真を撮る時には中腰で液晶ファインダーを覗き込み、構図を決めてから 猿が上を向いてくれるまでジッと待ち続け、ようやく撮れた写真です。

GX100は下を向いて撮影が出来ますので、猿にカメラを向けても警戒されずにすみました。






f0062737_2265073.jpg








現在のコンデジには当り前のように付いている動画機能。
GX100にも当然付いております。
動画はやはり撮っておくと面白いです。

f0062737_2264091.jpg

風景や建物を撮る時にはGX100の24mmは効果絶大でズームなんか必要ない24mm単焦点でも十分だ とか思っていましたが、この野猿公園ではズーム機能が役に立ちました。
とはいっても最大ズームで72mmですので、この写真から いかにサルを間近で見れたかがお解かり頂けるかと思います。







f0062737_244984.jpg

野猿公園から国道292号線へ出る途中、志賀高原ロマン美術館を発見したので、ちょっと立ち寄り、美術館内にある喫茶店でお茶しました。
建物の設計は黒川 紀章さんです。





f0062737_2505679.jpg

f0062737_251684.jpg

琵琶池にも寄り、8分ぐらい色づいている紅葉を楽しみました。





f0062737_2534352.jpg

f0062737_254357.jpg

国道292号線からかなりそれた所にある雷滝です。

一見、何処にでも有りそうな雄大な滝ですが、この雷滝はなんと滝を裏側から見る事が出来ます。ここに行くにはかなり時間がかかり大変でしたが、行った甲斐がありました。

滝を裏から見るなんて、ディズニーランド以来で、滝の裏へ廻った時にはかなり興奮しました。









f0062737_321642.jpg


f0062737_32535.jpg


f0062737_315826.jpg


f0062737_3101386.jpg

国道292号線では途中に絶景ポイントが沢山あり、見事な景色を楽しむ事が出来ました。





f0062737_3131744.jpg

帰りの関越にてお遊び写真です。




[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-10-31 03:08 | 色々 | Comments(2)
Commented by Oz at 2007-11-02 07:19 x
私もここへは行ったことあります。
雪の中を30分ほど歩いて猿の国にたどり着いたのを思い出しました。
人になれてて、逃げないのでとっても撮影が楽しくできた。

今回もてんこ盛りですね。
動画あり、広角あおり画像あり、豪快な滝あり、
で、この中で一番ぐぐっと来たのは滝の下の写真。
ブルーの空と山です。大きく印刷して部屋に飾ったらよさそう。
でもこれからの季節だと少し寒く感じちゃうかな^^;
Commented by flashdaiyouryou at 2007-11-05 10:25
Ozさん。こんにちは。
カメレスですいません。
雪の時期に野猿公園へ行ったのですか!最高の時期ですね。
温泉に温まり至福の表情を浮かべている猿が見れたのではありませんか?

ハイ。今回もテンコ盛り大盛りで投稿しました。(^o^)v

ブルーの空と山 私もお気に入りです。
ホワイトバランスは確かオートであの青味でした。
本当に綺麗でしたよ。(^ο^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< Jazz喫茶Buncaのカレー...      歴史ある街を巡る旅 金具屋・渋... >>