2007年 08月 13日
よせばいいのに
f0062737_20869.jpg

掃除もせずにほったらかしにしておいたMamiya-6、このままでは可愛そうに思いレンズクリーナーとブロアーを片手に掃除してやると、思いのほかレンズは綺麗になりました。
調子にのり、シャッターやら絞りやらをジコジコいじっていると、これはもしかしたらいけるかな?
と思わせる雰囲気になってきました。

こうなって仕舞うと行動有るのみです。

という事で近所の写真屋さんへ中判フィルムを買いに行ってきました。


カメラと言えばデジカメがメインストリームの現在でも中判フィルムの愛用者は多いのか、沢山の種類が有り、どれにしようか迷いましたが 結局 FujiのVELVIA100F 120 にしました。

家に戻り早速フィルムを装填しようかと裏蓋を開けたまでは良かったのですが、その後が意味不明です。
やり方がサッパリ解りません。

という事でネットで調べると都合よく解説ページを発見しました。
クラカメ探検隊
フィルム装填から操作方法まで順を追って詳しく解説してあり これなら行ける! と思ったのですが、私のMamiya-6は このページで解説しているのとはちょっと違うようでして、結局 山勘で無理矢理 装填終了にしました。

本日はここまでです。
明日、渋谷辺りへ行き撮ってみる予定です。

デジカメならば何度でも撮り直しが出来ますが、フィルムの場合は一発勝負です。しかもフルマニュアル・・・
なんだか今からチョビッと緊張してきました。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-08-13 02:54 | 色々 | Comments(6)
Commented by Oz at 2007-08-13 07:54 x
マミヤ6、イイですね~。カッチョイイ。
クラカメは有名なサイトですね^^

6×6判、スクエアのフォト、楽しみですね~。
私も3年ほど前に二眼の中古(プリモフレックス)を手にした時、同じようにフィルムを入れて出かけました。
使い始めたら、巻き上げが止まらないことが判明!!!
感覚で巻きながら撮影しましたが、重なっていたり離れていたりすごい状態。
でもね、とっても素敵な写真も撮れたんでよ♪
ぁ-、フラッシュ大容量さんの撮影がいかに行われるのかワクワクしてきました。
って私が盛り上がりすぎか(笑)
Commented by Roberto at 2007-08-14 01:03 x
こんにちは

マミヤ7も、超広角レンズを付けて建築写真に使ってました。
やはりブローニー判はデジタルには出せない空気感、奥行き感が出ますね。

このマミヤ6はレンジファインダーと蛇腹が連動する、高度なカメラです。できれば長く使ってあげてください!
(これに似た機構の6×7のプラウベルマキナというカメラををメインで使っていました。)
Commented by flashdaiyouryou at 2007-08-14 20:48
Ozさん。こんばんは。
クラカメは有名なサイトなのですね。知りませんでした。(^^ゞ

巻き上げですが、私のも12枚撮影の方がいくら巻いても止まらないようでして、撮る度に勘で目盛りに合わせるようにしました。
それと、最初の一枚目の合わせ方がサッパリ解らず、適当に巻き上げてOKにしたので、とても不安です。

昨日、渋谷と表参道へ行き、撮影してきました。
今日、フィルムを写真屋さんへ出したので、ネガがで出来るのは明日のお昼ぐらいです。

出来がどうだか、楽しみ半分、不安半分です。
Commented by flashdaiyouryou at 2007-08-14 21:03
Robertoさん。こんばんは。
建築写真を撮る時には広角レンズは有り難いですよね。

>ブローニー判はデジタルには出せない空気感、奥行き感が・・・
そうなんですか!
現在、写真屋さんにフィルムを出していまして、明日の出来上がりですので、期待感が倍増してきました。

出来れば、長く使いたいのですが、実際に撮影してみて、色々な不具合を発見しまして、その辺りが写り方にどう影響しているのか不安でおります。
Commented by Roberto at 2007-08-15 00:27 x
この時代のカメラはシャッターが粘っている可能性が高いですね。 写真がみんな明るく飛んでいたらそれでしょう...修理に出せば大抵は直りますが、お金も掛かります...
Commented by flashdaiyouryou at 2007-08-16 10:08
Robertoさん。こんにちは。
私のもシャッターが粘っているようです。
クーラーの効いた室内に暫らく置いていると、シャッターが閉じようとする最後にグニ~とゆっくり閉じますので、ご指摘の症状が出ているようです。
それとどうやらレンズも曇っていたようでして、もしも復活させる為に修理に出したら相当な出費になりそうな事も判明しました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 中判カメラのファインダー      日常 >>