2007年 05月 03日
音乃翔(試作機)
世の中にはオーディオを趣味とするオーディオの音を楽しむ世界が有ります。

私もオーディオの音を聴いて楽しんでいる一人ですが、世の中にはハイファイ再生を本気で目指している人もいます。

今現在オーディオの常識としてハイファイ再生は100%不可能と言われていますので、 「ハイファイ再生を本気で目指している」 などと言うと、鼻で笑い 馬鹿にする人も少なくは無いと思います。


f0062737_1905536.jpg



この度、私は音乃翔を手に入れる事が出来ました。

この音乃翔はハイファイ再生を本気で目指しているプロの技術者が開発したものです。
開発した会社はメジャグランです。

ちなみに、メジャグランと言うと現在では高級チャンネルディバイダーの製作で有名ですが、昔は真空管のOTLアンプで名を馳せた会社のようです。念のために、OTLアンプを設計していた方が今回の音乃翔も設計しております。
(私がメジャグランを知った時には既に真空管アンプの製造は辞めている時でした。)

先程からHIFI再生 HIFI再生とくどい程言っておりますが、音乃翔をシステムに組み込む事でHIFI再生が可能になるかと言いますと、正直無理です。

しかし

この音乃翔を組み込む事でHIFI再生に近づく事は確かなようです。

近づく などと言うと所詮はオーディオマニアの誇大妄想だ と思われるかもしれませんが、そうでは有りません。
その証拠に、この装置を組み込みいつもの音量でJAZZをかけますと、普段はどんなに爆音で音楽をかけても無視している祖母がオーディオルームに現れ、一言

「本当の楽器(ドラム)を叩いているのかと思った」 とそれだけ言い、そそくさと8畳間に帰ってしまいました。

実は、わざわざ祖母がオーディオルームまで来る現象は2度目です。
以前にカルロスさんからお借りした音乃翔Ⅱの時と、今回の音乃翔(試作機)の時です。

オーディオを趣味としておりますと、あまりにマニアックになりすぎ、私としては凄い変化が訪れた!と思える内容でも、興味の無い人にとっては 「え?なにが。変わった?」 と気付かれない事が良くあります。

もしかすると、オーディオに興味の無い人にどれだけ興味を抱かせられるかが HIFIに近づいたかの指標になるのかも知れません。

それにしても、コレを入れると、いつもの様にボリューム12時では聞けなくなります。
なにしろ、瞬間的なSPへのエネルギーの流入量は暴力的ですので、とても危険です。
特に危ないのがデイブ・ブルーベックの名曲テイク ファイブ。
冗談抜きに気をつけないとSPが逝くのではないかと恐ろしい気持ちになります。

この洒落にならない程の立ち上がりの鋭い音は、一度聴いたら病み付きになります。

※電気の知識が小学生級の私でも、SP飛ばさずに調整が可能ですので、一般社会人として普通に生活出来ている方でしたら、扱える代物だと思います。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-05-03 21:17 | オーディオ | Comments(15)
Commented by 音爺 at 2007-05-03 23:40 x
えぇぇぇ~、とうとう入れたんですか!
私も数年のうちには買いたいなって思っています。
ホーンシステムの導入で、金管楽器は本物と聞き違えるような音を出せるのですが、ドラムばかりはスピーカーでどうにかなる問題じゃないですからね。
ハァ~、ウラヤマシイ。。。。。いつかは私も音乃翔です!
Commented by 金町の仙人 at 2007-05-04 09:04 x
 音乃翔を開発した犯人です。私は40年以上前のエキスパンダーを体験いたしました。しかし、当時のエキスパンダーは余りにも完成度の低い物でした。
 以後絶えず考え続けておりました。その結果満足の行く物が完成いたしました。今ではこれ無しには音楽は聴けません。
 完璧な品物ではありませんが、ライブの音に確かに近付きました。私としては満足出来る物が出来たと思っております。
Commented by mini at 2007-05-04 13:16 x
メジャグランも音乃翔のこのブログで初めてしりましたがオーディオの世界は色々あって楽しいですね。
Commented by flashdaiyouryou at 2007-05-04 15:09
音爺さん。こんにちは。
数年の内と言うとその頃には音乃翔はⅢぐらいになっているかもしれませんね。
ご存知の通り、これを入れると立ち上がりがズバ!ときますので今までもやついていたと思っていた録音のものが急に優秀録音盤のように聞えてしまいます。
Commented by flashdaiyouryou at 2007-05-04 15:53
miniさん。こんにちは。
メジャグランはガレージメーカーですので、全国的な知名度は低いようです。私もマルチを始めようとするまで知りませんでした。

大手メーカーは 今までの考え方では飛躍的にオーディオが進化しないと解っていながら過去の延長線上で物事を考え飛び出そうとしません。
やっている事と言えば外観のデザインや質感、コンデンサーやIC等の内部素子に力を入れているぐらいのようです。よく新製品には新たになんとか技術を投入したなんて言っていますが、その変化は技術者の自己満足程度のレベルのようです。
メジャグランが出す商品は自己満足なんかではなく、本当に変化をもたらす商品ですので、私は数あるオーディオメーカーの中からこれだ!と思い愛用しております。
ただ、メジャグランの商品は主観ですが、JAZZ向きのように感じます。
Commented by 金町の仙人 at 2007-05-05 08:28 x
 はい、音乃翔はジャズ向きです。理由はオーケストラの場合は実際の音は余りにもダイナミックレンジが広過ぎて電子的なコンプレッサーでは入りきりません。そこでレコーディングエンジニアは楽譜を見ながらフェーダーを調整します。要するに人間コンプレッサー作業を行います。

 そのような録音を我々は聴いているのです。このような録音の物を生音に直そうとしても無理です。よって、オーケストラの場合はコンサートホールで楽しむ事をお勧めします。
Commented by flashdaiyouryou at 2007-05-05 19:22
仙人さま。こんにちは。
私が良く聴く音楽は 熱気が溢れ、終始勢いの有るJAZZですので、まさに音乃翔はうってつけの機器のようです。
これを一度組み込んでしまったら これ無しではもうJAZZを楽しめません。

本日、仕事の打つ合わせと言う名目で自宅にオーディオ好きのゼネコンの社長が来まして、良い機会なので、音乃翔を組み込んだ音を聴いてもらうと、たまげている様子でした。

その社長は聴き終えるとすかさず
「ウーファーは何を使っているんですか?」
と質問してきました。

「普通に4344に初めから付いている2235Hですよ」 と答えると、その後は黙ってしまいました。

そのまま種明かしをしない程 私は悪趣味では無いので、音乃翔を入れた事を話しましたが、その後もやっぱりウーファーばかり気にしていました。
どうやら
音乃翔はオーディオマニアを唸らせるのでは無く、黙らせてしまう機器のようです。

すいません。オーケストラのダイナミックレンジとは関係の無い返答になってしまいました。
Commented by Roberto at 2007-08-07 18:23 x
はじめまして、検索から偶然ここへ参りました。
楽しいブログですね、よろしくお願いします。

さて、音乃翔に大変興味があります。
スタジオ用のノイズゲートやエキスパンダーと同様の原理に思えますが、ソフトによって効果にかなり差がありませんか?
コンプはミックスダウン前に掛けられているので、トラック(楽器)毎に効果が異なってくる気がします。

複数のソースを接続する場合、プリアンプの後ろに入れますか?
そうするとボリュームによってエキスパンド量が変わりそうですが...

ともあれ、うまく使いこなせば面白そうです。 またレポートをお待ちしております!
Commented by flashdaiyouryou at 2007-08-07 20:32
Robertoさん。はじめまして。
ブログをご覧頂有難うございます。

音乃翔の効果ですが、仰るようにソフトにより効き具合にバラツキが有るようです。
開発元のメジャグランのHPを読むと音乃翔の機能付いて「コンプレッサーを解除する」とありますので
録音レベルを下げコンプレッサーを余り効かせていないCDでは効果が出難いようです。

接続はプリアンプの後ろに入れCD再生時のみ使用しております。
レコードに音乃翔をカマスと スピーカーのボイスコイルが切れる可能性が高いので、やらないようにとメジャグランに教えてもらった事があります。
(私が持っているのは試作機ですので、製品版はこの辺りの対策は出来ていると思います。)
Commented by 音爺 at 2011-08-26 00:00 x
こんにちは。
だいぶ前のエントリーですが、失礼します。
私もこの度メジャグラン製の、音乃翔の廉価版のサウンドエキサイターを購入しました。
音乃翔の数分の一の価格ですが効果はどうなのかなーと、手元に届くのを楽しみにしております!
Commented by flashdaiyouryou at 2011-08-29 16:02
音爺さん。こんにちは。
返信が遅くなりすいません。
サウンドエキサイター購入されたんですね。
それにしても音乃翔まで廉価版が出るとは・・・・ちょっと複雑な心境です。
Commented by 音爺 at 2011-08-29 19:01 x
やはり廉価版は廉価版でして、入力アッテネーターが無いとか、ハイパスフィルターがないとか、それなりに差はありますよ。
筐体もおもちゃみたいですから。(笑)
でもさすがに、その効果は素晴らしいですね。
音楽もいいですが、2チャンネルステレオで映画を見るのに使ったら、ぶっ飛びました!
音楽の効果どころじゃないですよ、本当に弾丸が飛び、爆発する騒ぎです!(笑)
いやー、やはりLEF-122だけでは足りませんでした。
今はサウンドエキサイターとLEF-122と、ダブルで聴いています。
Commented by flashdaiyouryou at 2011-09-02 17:24
音爺さん。こんにちは。
映画はもともと録音レベルを下げてダイナミックレンジを確保している場合が多いので音乃翔の効果は期待できないと思って試したことが有りませんでしたが、効果が有るのですね。
映画は普段プロジェクターで見ているのですが現在その部屋の整理をしていまして見れない状況ですので見れるようになりましたら私も試してみようと思います。
Commented by 音爺 at 2011-09-02 22:31 x
その後、何作品か見ましたが、効果は薄そうですね。
たまたま最初に見たのが効果が出た感じです。
でもまー、オーディオ装置の定位置に収まりますね、これは。
Commented by flashdaiyouryou at 2011-09-03 01:22
音爺さん。今晩は。
DVDまたはブルーレイでもそうですが映画は録音レベルの低いのが多いですよね。特にハリウッド物は殆どだと思います。
ダイナミッレンジの重要性を理解している音響エンジニアが多くいるのでしょうね。

それに対して音楽業界のエンジニアは・・・・。
さびしい限りです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 幸せな時間      AU-555 メンテナンス ド... >>