2007年 02月 28日
つかの間のロングアーム
GRACE G-565 
f0062737_232553.jpg

f0062737_2324560.jpg

ウエイト関係は旋盤による削り出しなのか、表面を見ると細かなラインが刻まれています。




f0062737_2322327.jpg

f0062737_2323274.jpg

ロングアームは存在感が有ってやはり美しいです。



f0062737_2353948.jpg

3012Rと並べるとG-565が短いように見えますが、単なる遠近法による目の錯覚です。

あたかもお気に入りの一本のように紹介してしまいましたが、実はこのアーム ジンバルサポートのガタも無く メッキの剥げも無く 見た目は美しいのですが、ラテラルバランスがまったく取れません。
オークションで落とした品ですので、出品者にこの事を問い合わせると
「不具合があったとの事で大変申し訳ありません。スムーズに動くので問題ないと判断してしまいました。もちろん返品お受け致します。」
という返答が来ました。

ラテラルバランスという少々マニアックなクレームでしたので、相手が納得するか不安でしたが、誠意のある方で安心致しました。

しかし、ラテラルバランス以外は一切の不具合無しとなると、本当に返品すべきか悩みます。
(まだ送っておりません)

という事で束の間のロングアームでした。 (せっかく落札したのに 涙・・・・



[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-02-28 23:36 | オーディオ | Comments(4)
Commented by Oz at 2007-03-01 07:18 x
こんにちは。
いつみても写真がカッコイイッす!アナログプレーヤは特に絵になりますね。知識が乏しくよくわからないのが寂しいですが,この話は水平が出ないって事?それとも針圧に関係するのかな?ともかくいつも訪れて感じるのはアームもカートリッジもアート!!!私も撮影したいっす!
Commented by OT at 2007-03-02 01:08 x
ラテラルバランス!?
取りにくいのではなくて取れないんですか?
どうしてだろう・・・。
Commented by flashdaiyouryou at 2007-03-02 13:51
Ozさん。こんにちは。
写真で見るとキズ一つ無い極上品のように見えますが、実物は目を凝らして見ると極僅かなキズはあります。(30年以上前の代物という事を考えればキズは少ない方かと思いますが)

ラテラルバランスとは、ゼロバランス状態で、アームをスライドさせ、どの位置でもアームが流れる事無く静止する状態を言います。

>アームもカートリッジもアート!
同感です。アナログ関係の機器には機能美を感じます。美しいですよね。

Ozさん撮影によるアナログ機器の写真 楽しみにしております。
Commented by flashdaiyouryou at 2007-03-02 14:17
OTさん。こんにちは。
はい、取りにくいのではなくて取れないんです。厳密にはジンバルサポート(軸部)のリングがそろう位置に常に戻ろうとします。
今回の件で気付いたのですが、オクではラテラルバランスにふれているアームが皆無のようです。
私が細かい事を気にしすぎなのでしょうか?
しかし、ラテラルバランスの調整が有るアームでバランスが取れないとなるとやはり不良品だと思います。

流れてしまう原因として、内部配線の硬化が考えられます。
対処方法は内部配線の交換という非常に厄介な事でしか対応できないようです。

このアームもバランスが取りにくい状態でなんとかすれば取れるのであれば返品はしたくなかったのですが残念です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 大型(直径285mm)ストロボ...      飛び出す写真 >>