2007年 02月 11日
ネットオークションに思う事
f0062737_3451561.jpg

このブログをご覧の皆様もネットオークションを活用されている方は大勢いらっしゃる事と思います。

つい先日もネットオークションを見ていて、これにこの落札金額は高すぎるのではないかと思わせる物がありました。
工場に新品(ワンオフ)の制作依頼を出しても材工で2000円程で済む物が中古で6000円の値がついていました。しかもキズ物です。
この商品は確かに今までのネットオークションではなかなか出てこなかった商品ですので、明らかに出品者が商売上手であったと思われます。

建築設計を生業としておりますと、工場または現場で作成した場合のモノの値段を ある程度把握できてしまうので、商品に対する金額の設定がシビアになってしまうのかもしれません。(私の場合)

しかし、考え方を変えれば、世の中 私のようなケチばかりでは無いので頭を使えば儲けられる事が沢山あるのかもしれませんね。



話は変わりまして、上の写真ですが、ネットオークションとは全く関係ございません。
文章だけ載せてもつまらないので意味も無く写真を載せました。
写っているのはギターアンプとマルチエファクターを接続しているシールドです。
(私物です。本当にたま~にですが、ギターをひくもので)

ちなみにこの写真は本日始めて試してみたマニュアルモードでの撮影です。
今までは絞り優先モードやシャッタースピード優先モード又は面倒くさい時にはオートモードとカメラ任せで撮っていました。

マニュアルモードというと、カメラを熟知した人が使うモードだという先入観があり試した事が無かったのですが、酒も入り酔った勢いでマニュアルモードで撮影してみました。

実際に試して見ると まさに

「 案ずるより 生むが安し 」 です。

マニュアルモードの方が他のプログラムされたモードよりも簡単にねらった写真を撮れそうな気配を感じます。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2007-02-11 04:43 | 色々 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ヘッドシェル      トリマー使用のミゾ堀(試堀) >>