2006年 11月 10日
敷き物
4344の下に敷いてある角材の納まりが悪く、スピーカーを触ると若干ですがグラつく状態でした。
このままでは具合が宜しく無いとは思っていました。兎に角この重たいスピーカーを持ち上げるのが面倒で、ほったらかしにしておりましたが、本日、ようやく対処を行いました。
f0062737_2315993.jpg

スピーカーを持ち上げる前に少しでも軽くするために4344の上に載せている2350と2440を降ろしました。
写真のようにスピーカーとホーンの間には合板が敷いてあります。この合板が無いと奥行きの浅い4344に2350を乗っけると落っこちてしまいます。
ホーンを降ろした状態で4344を見るとなんだかすっきりしていて頼りなさげに見えました。
f0062737_2324580.jpg





ものぐさな私がようやく重い腰を上げたのもこのジャッキを発見したからです。
手のひらサイズの超miniジャッキです。耐加重は100kgとの事で造りはしっかりしているようです。
f0062737_2322073.jpg

ご覧のように隙間10cmでも見事に入り リフトアップできました。
f0062737_23324620.jpg

4344と角材の間に敷いたのは耐震君です。私お得意の100円shopで購入しました。
f0062737_2323081.jpg
 
このような感じになりました。
f0062737_2341536.jpg

久々にホーンを降ろしましたので、1枚パチリ。ちなみにこのホーン もらい物です。
ホーンをサンドイッチしているのはメジャグラン考案の鳴き防止装置です。
デッドニングだけではホーンの鳴きは抑え切れませんのでこの方法で鳴きを封じ込めております。
f0062737_2342353.jpg

このような感じで 常に加重が加わる状態にしてあります。
f0062737_2342978.jpg

f0062737_23503922.jpg

もらい物の2440です。外観は最低ですが、機能上は問題無いようです。左右の音圧差も使用帯域で2db以内に収まっているのでチャンデバの許容範囲だと思っております。
f0062737_2343916.jpg

P1000
f0062737_2344679.jpg

CS800S
スピーカーをジャッキアップする時にアンプが邪魔でしたのでどかしたついでに写真に収めておきました。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-11-10 23:53 | オーディオ | Comments(4)
Commented by 金町の仙人 at 2006-11-11 08:01 x
  私のHPにリポートを頂いたホーンの機械的バイアスですね。私のお薦めはスロートにも機械的バイアスを掛ける事です。アルミダイキャストのスロートも相当に鳴いております。そこで最も簡単で確実な方法はシャコ万です。果して100円ショップで売っているかな?
Commented by flashdaiyouryou at 2006-11-11 12:01
仙人様。おはようございます。
もう、大分前ですが、制作リポートを送らせて頂いた機械的バイアスです。
このバイアス、使い始めて何年にもなりますが、現在では私のシステムに欠かせないマストアイテムとなっております。鋳物のラジアルホーンでデッドニングを施した音を何度か聞いた事がありますが、その度に機械的バイアスの威力が再確認できました。
スロートも鳴いているとの事、教えて頂き有難うございます。
今度、小型のバイスを100円shopで物色してきます。
Commented by mini4312 at 2006-11-12 14:03 x
実家では2350にデッドニング剤に砂を入れたりして鳴き防止を図っていましたが、機械的バイアスは知りませんでした。(スロート部は相当な強度がありそうですが、処理したものとは違うんですね。私も大型システム欲しいです。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-11-13 15:55
mini4312 さん。こんにちは。
ホーンの咽元部を手で押さえ付けて見るとホーンの鳴きが減少するのが確認できます。この原理を基に考え出されたのが機械的バイアスです。
偉そうに説明しておりますが、機械的バイアスを考案したのは私ではなくメジャグランです。
ネット上で、一部のマニアにこの方法が流行った時期がありました。
試された方のリポートを拝見した事がありますが、効果的だという意見ばかりだったと記憶しております。
私のオーディオルームは仕事場と兼用しておりまして、10畳しか有りませんので、現在のシステムは少々大きすぎる感じがしております。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< off      PICKERING XV-15... >>