2006年 06月 17日
今週は難聴になるのではないかと思うぐらい音楽を聴いております。

f0062737_2181292.jpg

以前、east bredさんにご指摘を受け、ずっとやろうと思っていた事を実行しました。
上の写真がそれです。DL-102用のスペーサーです。
材質はアクリル、厚みは2mmです。
これを作る時に参考にしたのが、以前プチさんから頂いたスペーサーです。
f0062737_2183439.jpg

そしてこれがプチさん製作のスペーサーです。
こうやって並べるとプチさんの仕上げの美しさが際立ちます。
そして私が作った物の仕上げの汚さも際立ちます。(ナサケナイ・・・)


f0062737_219322.jpg

f0062737_2191548.jpg

しかし、このように装着してしまえば、まんざらでもない雰囲気となりました。
ご覧のようにアーム下部のネジとレコードとのクリアランスは充分確保されております。
以前は、紙一重のクリアランスでしたが、スペーサ-のおかげで精神衛生上も安心してレコードを廻せるようになりました。
面白い事にアクリル板をかましただけなのですが、低音が心なしか増強されたように感じます。
おそらくアームの共振周波数がずれ偶然に低音が出るようになったものと思われます。(変化量は気のせい程度です。)


f0062737_2194125.jpg

フォノイコライザーアンプ TEA TIME の上蓋です。
ラックに納めてしまうと上蓋が見えなくなりますので、写真を載せておきます。


f0062737_2195169.jpg

f0062737_2195930.jpg

DL-103からAT33PTGに付け替えました。
カートリッジとシェルの装着位置も私好みの位置にずらしてみました。

f0062737_21102783.jpg

f0062737_21101115.jpg

ダブルアームにした時にいつかはやってみたかった事があります。
1枚のレコードを廻しながら針二つです。
TEA TIMEのアームセレクターをコチコチ廻して瞬時にカートリッジによる音色の変化を楽しんでみました。
MONOとSTEREOのカートリッジを同時にレコードに落とすだと!!
とお叱りを受ける行為かもしれませんが、1度やってみたかったのです。

この方法、間髪入れずにカートリッジが切り替わるので変化を比べる時には最高の方法かと思いますが、レコードは痛みそうです。
厳密にはカートリッジに合わせて負荷抵抗も変えなければなりません。
ですので、右手でアームセレクター コチコチ
同時に左手で負荷抵抗ダイアル コチコチと器用にセレクトしてました。


f0062737_21105283.jpg

TEA TIMEには珍しい機能が付いております。
ERASEという黒いボタンをポチッと押しますと、

レコード演奏中でもカートリッジの消磁ができます。

やはり消磁というのは重要なようです。特にレコードを廻しながら消磁を行うと変化が解り易いです。
f0062737_21105918.jpg

GAIN(音量)は6段階あります。MAXは6です。
TEA TIMEは聴感上のSNが非常に善いので、レコードを爆音で鳴らす私には都合の善いフォノイコライザーアンプです。
勿論、GAINを1まで落とせばプリアンプのボリュームと合わせて深夜の小音量にも対応する事を付け加えておきます。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-06-17 23:03 | オーディオ | Comments(10)
Commented by east_bred at 2006-06-18 09:29 x
写真がトッテモ綺麗でどれもコレも良い音がしそうですネェ(^^♪。1の写真ですが、私のスペーサーなんてメチャクチャです。鉛板を使いたかったのに無かったので、釣り用の分銅型をコンクリートの上で金槌で叩いて平らにして適当にハサミで切っただけです。やや平滑にヤスリをかけましたが。写真をお見せする事も出来ません。不味い、みんなバレてしまう(^_^;)。
Commented by east_bred at 2006-06-18 09:36 x
ナイショの話しです。もし金町の仙人殿から「アームの内部の接点をお掃除」の秘技をお聞き出来ましたら、そ~っと私にもお教え頂けけないでしょうか^^;。私は綿棒にアルコールを付けて拭いているだけです。余り頻繁に不調だと細かいヤスリ紙で擦ってしまいます。短気なんですネェ。
Commented by 金町の仙人 at 2006-06-18 12:30 x
  私は釣り用の板錘を使って全てのカートリッジの条件を揃えてどのカートリッジを付け替えても針圧調整不要にしておきました。非常に便利でした。しかし、閉口したのはデッカです。とにもかくにもトレース能力不足でした。最終的にはいじり壊してしまいました。オーディオテクニカのカートリッジではゴムのダンパーを約半分の厚さに切断した事があります。トレース能力は抜群になりました。しかし、高域に妙なキャラクターが乗り、それでなくてもオーディオテクニカのカートリッジは高域に多少クセがあります。その相乗効果でソフトによっては非常に心地良く聞こえたものでした。カートリッジやスピーカーその物を改造すると云う事はとっても楽しい事なんですね。しかし、全ての場合最終的には使い物にならない状態になりますがね。
  east_bredさん、たいした内容の方法ではありません。それでも宜しければメールでも良いし電話でも下さい。
Commented by east_bred at 2006-06-18 16:16 x
仙人様、ただいまお言葉に甘えてメールをお送りいたしました。私も直ぐに手を加えてしまう者ですので「全ての場合最終的には使い物にならない状態になります」ってお言葉、ドキッです^^;。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-18 17:34
east_bredさん。
写真を褒めて頂き有難うございます。嬉しいです。ヘ(^^ヘ)(ヘ^^)ヘ

秘儀については金町の仙人さんに直メールされたようですね。
仙人様の事ですからきっと丁寧に教えて下さると思います。

実を申しますと私は仙人様より色々な秘儀を教えてもらっているのですが、
それを公の場に公開しまうと、オーディオメーカー並びにオーディオショップから「そんな事を言われたら商売上がったりだ!」と抗議される可能性がありますので、残念ながら公開は控えております。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-18 17:38
仙人殿
メール送らせて頂きました。
私にも今回の秘儀を教えてください。お願い┌(゚ロ゚)┐します!!↓┌(_ _)┐↓
Commented by 金町の仙人 at 2006-06-18 19:46 x
  秘技などと云う内容のものではありません。アーム内部の接点を復活させるには鉛筆を使うのです。鉛筆のお尻に1000~2000番のサンドペーパーを張り付けます。それで2・3回クリクリと回せば接点は完璧に復活いたします。そんな事よりも大切な事は針先の復活です。ダイアモンドの針先をその形状までもハッキリと見る方法があります。40年程前まではニートから針先を拡大して見る装置が販売されておりましたね。そのような物は不要です。要は   発想の転換   です。無メンテナンスの針先は相当に汚れておりますよ!
Commented by east_bred at 2006-06-18 20:03 x
私のプレーヤー周りは散らかってゴミだらけですが、針先だけは自慢ですが何時も綺麗です(^^♪ 。だって汚いと直ぐに音に出てきちゃいますものネ。それで針先を汚さない為にもレコード盤も掃除しないといけないってんで、プレーヤー周りが掃除用具でゴチャゴチャになっちまうのでありました。でも私の部屋は寝室と一緒なんで綿埃が多くて困っています。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-19 00:39
仙人様
秘技(秘技とは仰っておりませんが)を教えて頂き有難うございます。
接点不良を起こした時には試してみます。

針先の復活方法は以前メールにて教えて下さったあの方法ですね。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-19 00:42
east_bred さん。
なるほど、針先に汚れがたまり難くする為にもレコード清掃は重要という事ですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< DL-102用スペーサー      3009SⅡのゼロバランス >>