2006年 06月 16日
3009SⅡのゼロバランス
以前、3012Rに装着していたDL-103を3009SⅡに装着してみました。
(先日投稿しましたイコライザーアンプのTEA TIMEの時に一緒に3009SⅡのゼロバランスの件も投稿しようと思っていたのですが、載せ忘れていたので今更の投稿です。)

カートリッジとシェルを合わせた総重量 28.1gという重量に対して3009SⅡでゼロバランスが取れるのか試してみました。
f0062737_17392454.jpg

f0062737_17393567.jpg

結果はご覧の通り、ゼロバランスが取れております。(写真だとちょっと解りにくいですが)
3009SⅡのゼロバランス許容範囲は相当に広いようです。
ちなみに針圧は5.0gまで掛けられます。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-06-16 17:56 | オーディオ | Comments(10)
Commented by DOG-58 at 2006-06-16 19:34
我が家のSME 3009 ですとDL-103Rがカート&シェル(テクニカのマグシェル)で20g,それでもゼロバランスは取れなくてメインウェイトに10円玉4枚でバランスします。ちなみに、V15-IIIはSME軽量シェルとで14gでした。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-16 20:12
DOG-58さん。
同じ3009でも末尾の型番により色々ですね。
勝手な想像ですが、おそらく3009SⅡは3012をコンパクトに収めた設計で、3012同様なんでも使えるようにしたのではないでしょうか。
その点3009impの場合
軽量かつ軽針圧のカートリッジに標準を定め設計されているのだと思いますから、軽量かつ軽針圧にはSⅡよりも向いているように思います。
Commented by east_bred at 2006-06-16 21:04 x
私のLUX-121に付いているimpにはちょっと細工して補助ウエイトが付くようにしてあって、SPUでも使えるようにしてあります^^;。でも説明しにくいです。それと印加も標準だと1.5g迄しか掛けられないので、印加用のアームを自作して3.5g迄かけられる用にしました。結構便利です。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-16 22:56
east_bred さん。
特種仕様のimpの写真が east_bred さんのブログに載っているかどうか
探してみましたが無いようですね。写真をUPされていたらごめんなさい。
過去の記事を色々と拝見させて頂いているうちに面白い記事を発見しました。
075を磨く時PD121を ろくろ代わりに使っている様子を拝見した時には思わず笑ってしまいました。
Commented by east_bred at 2006-06-17 00:09 x
有りませんでしたっけ?。こっちも恥ずかしい細工でして、笑われてしまうのは見え見えですなんですが、ウエイトの後ろに同じ直径の薄いワッシャを張り付け、其処にカートリッジ毎に釣り合う重しを磁石で付けると針を変えても針圧調整が要らなくなると言う馬鹿馬鹿しい物です^^;。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-17 01:35
east_bredさん。今晩は。
なるほど、そのまま磁石を貼り付けようとしても、ワッシャーをかまさないと着いてくれないのですね。
SEMだからと言ってノーマルを有り難がらずに、何とか使ってやろうとするeast_bred さんにまたまた1票です。
私も4344を穴だらけにしておりますので、JBL信者から見れば「何をしているのだこの馬鹿者」と怒鳴られてしまうスタンスでオーディオを楽しんでおります。
どうもマルチ派の方は何をやるにもノーマルでは飽き足らないようですね。(`▽´)ノ
Commented by east_bred at 2006-06-17 10:07 x
どうにか使いたい以外に、頻繁に針を変え針圧調整すると、impって本体側のメスネジが樹脂製なのですり減ったりして駄目になってしまう様な気がして、それも避けたかったんです。一度買った物はガンガン使いたいけれども絶対に駄目にしたくない貧乏性なんですネェ^^;。
Commented by 金町の仙人 at 2006-06-17 18:55 x
  レコード再生、楽しいですね。私も以前は楽しさを求めたものでした。しかし、正直な気持ち   “面倒くさくてね!”   で現在は安物CDプレーヤー4台でレコードは止めました。レコード再生の場合は時としてヘソを曲げますね。それは主にシェルの接点不良の発生です。しかし、アームの内部の接点をお掃除するのは至難の技です。もし、ご希望とあらば特効薬をご紹介いたします。しかし、聞いてみれば   なんだ!   の内容ではありますがね。
  ここで一言、良くありがちな発言として   “今日の音は納得行かない!”    です。三陸地区の某有名なジャズ喫茶のオーナーが良く発する言葉のようです。しかし、技術屋としてそのような事は絶対にあり得ません。もし、そのように聞こえたならそれは聞く側の精神的な問題でしかあり得ません。後はその時の温度と湿度の問題かな?   もう一つはオーナーのスタンドプレーでは?
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-17 20:48
east_bredさん。
impの本体側のメスネジが樹脂製とは知れませんでした。
そう言う事ですと、確かに気を使いますね。
私もガンガン使うけど長く使いたいと言う思いはあります。
でもタマにパワーアンプの電源を切る前にチャンデバの電源を切ってしまいバチン!!と鳴らしてしまう事もあります。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-17 21:04
金町の仙人さん。
レコード再生 楽しいですよ。♪八(^∇^*))♪
おそらくレコード再生が楽しいと思えるうちは私の場合、面倒にならないと思います。
特効薬の件、後でメールさせて頂きます。よろしくお願いします。

岩手県の某有名なJAZZ喫茶のオーナーは相当な方だと思います。
なにしろ私は“今日の音は納得行かない!”どころか“今日の音も納得行かない!”ですから。

それと、あの元気なタロウ君は車に乗ると芸をするのですね。
読みながら笑ってしまいました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 今週は難聴になるのではないかと...      横浜の建物 >>