2006年 06月 11日
待ちに待ったフォノイコライザー
メジャグランの稲田さんに無理言って造って頂いた フォノイコライザーアンプです。
名前はTEA TIME。正式版の商品も近々出るようです。
f0062737_2471860.jpg

f0062737_24726100.jpg

入力3回路(多ければ多い程重宝します。)
出力2回路(RCA・キャノン)
負荷抵抗6段階切り替え(色々なカートリッジに対応します。)
ゲイン6段階切り替え(深夜の小音量から昼間の大爆音まで対応します。)
全て無誘導抵抗接続(?仙人に今度聞いておきます)
カクテルコンデンサー仕様(それぞれのメーカーのコンデンサーの癖を排除したとても自然な音)
カートリッジエレーサー付き(消磁機能)
RIAA誤差±0.375dB(とても優秀です。)

上の写真は、建築図面でいうところのエレベーションのような撮り方をしてみました。
影も斜め45度から入り個人的には気に入っております。
ピントがもう少々ビシッと決まればよかったのですが、こればっかりは腕の問題です。






f0062737_2473637.jpg

f0062737_247478.jpg

入力は3回路 有りますのでPD444のようにダブルアーム仕様のプレーヤーでもあと 1回路余ります。余っていると埋めたくなるもので、プレーヤーをもう一台買いたくなってきます。
出力にはキャノンも装備しておりますが、使用しておりますプリアンプにバランス入力が有りませんので同軸で接続しました。
同軸と言いましてもケーブル長が5Mを超えなければバランスよりも音質が劣る訳ではありません。ですので写真のようなセッティングの場合は同軸でもなんら 問題は発生しません。
バランスケーブルの利点とは数十メーター引き伸ばしても ノイズが乗らない事であり、音質的に同軸より有利と言う訳ではないようです。
(え!プリにバランスが付いてないから強がってる?ギク!!)

写真は3009SⅡのみとりあえず繋げた状態です。
3012Rは純正のフォノケーブルが短くフォノイコまで届きませんでしたので、その内フォノケーブルを自作して取り付ける予定と致します。
3012Rのケーブルに関してですが、アーム本体からアース線が出ておりますので、一般的な同軸ケーブルでも問題無いかもしれません。

バランス出力が付いていると機器の設置に制約が無くなりますので付いていて損はないようです。

f0062737_2475876.jpg


f0062737_248526.jpg

DL-103にて聴いてみました。針圧は相変わらずのMAX2.8gに設定。
DL-103は癖が無く一発目の試聴には適任のカートリッジと思っております。

入力抵抗は6段階可変式です。
それぞれの段階での抵抗値については、仙人いわく抵抗値が解ると先入観が働くので内緒との事です。
おそらく抵抗範囲は100Ω~47kΩではないかと勝手に予想しております。
それと多くのカートリッジが負荷抵抗1kΩでスタンダードな音になるようです。

あまり数字にとらわれる事なく、ダイアルをコチコチと動かす事で好みの音色を探ってみました。

針を落としイザ聴いてみますと、
カクテルコンデンサーとRIAA誤差±0.375dBのおかげでしょうか、一瞬CDかと思わせる程のSNです。
CDのようにSNが優秀でありながらレコードの特徴である音の厚みは失われていません。
ちなみに抵抗値は4段目に設定しました。
4段目はもしかして1kΩでしょうか?
いやいや 解ると先入観が働くので聞かない事と致します。

TEA TIME 私にとっては一生付き合っていけそうなフォノイコライザーアンプです。

つづく

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-06-11 02:58 | オーディオ | Comments(2)
Commented by kitagawa at 2006-06-11 17:33 x
イコライザーの導入おめでとうございます。
前回のブツは到着しております。報告が遅くなって申し訳ありませんでした。(アレ?メールしましたっけ?)
いよいよマルチアームの幕開けですね。
もうすぐ高層ビルの工事現場のように何本もクレーンがアームを動かす様子が展開されるんでしょうね。
いよいよ地獄の3丁目あたりでしょうか。
私はすっかり釜ゆで状態です。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-11 21:06
kitagawaさん、今晩は。
メールでも教えて頂きましたがちゃんと到着したようで安心致しました。
>いよいよ地獄の3丁目あたりでしょうか。
その辺りだと思います。
間違って新宿2丁目に行かないように気をつけます。
>私はすっかり釜ゆで状態です。
Kitagawaさんの場合 地獄の釜ゆででも良い湯だなと思える余裕がおありでは?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< FTR-2(電池式ヘッドアンプ)      コンサートホール貸切でのJAZZ録音 >>