「ほっ」と。キャンペーン
2015年 03月 23日
D130のボイスコイルタッチかと思いきや
f0062737_1818677.jpg

久々に
打ち込みバスドラ系?ドスドス系?の音楽が聞きたくなりミーシャを掛けてみました。

すると・・・

低音のどこかのユニットから

ザザ  ザザザ  ザザ


と擦れる音が!!



ああああ~~・・・・・・!!


これはボイスコイルタッチに違いない。   はあ~


どのユニットから擦れ音が出ているのか確認するとRチャンネルの下のほうのD130のもよう。



痛いなー、辛いなー、この時期に・・・。
(※なっていい時期なんてものはございません。)


仕方ないのでひずみの出るD130の取り付けを180度回転させて付け直して様子を見ると

ザザザザ


駄目でした。。



はあーーーーーー   



と溜め息をつき、よろよろと引き戸にもたれかかると



お  おおおお   お!



何と!   ひずみが    消えた!!!!!!


原因はスピーカーの裏辺りに有る引き戸の振動?共振?によるものでした。


でもD130に耳を近づけて確認したときには確かにユニットから歪音が聞こえたのに・・・。

それにしても30Hz?とかの低音の発音源の位置確認は難しいです。
今回のように引き戸が振動してビビリ音が出ていたにも関わらず、その音が反射して調度スピーカーユニットから聞こえるようになっていたのですからやっかいです。

いずれにしてもD130のボイスコイルタッチじゃなくて良かった良かった。です。





それにしても長い時間爆音の低音を直近で聞きすぎたせいで

頭くらくらです。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2015-03-23 18:52 | オーディオ | Comments(4)
Commented by onG at 2015-03-24 00:30 x
たしかにビンテージユニットの破損は蒼くなります。
それがD130なんかだったら、相当がっくりですし。
私もD123を2個飛ばして、落ち込んだっけなー。
気をつけようにも、大きな音を出すなって、それは無理ですよね!(笑)
Commented by flashdaiyouryou at 2015-03-24 06:28
音爺さん
コメント有難うございます。
古いユニットでしかも購入してからずいぶんとタンスの肥やしとなっていたのでボイスコイルタッチが起きても自業自得でしょうがないかなと諦めかけました。
部屋の振動が原因とは爆音も程ほどにしないといけませんね~。
Commented by ponta at 2015-09-08 05:14 x
FDさん、お早うございます。
ボイスコイルタッチが原因でなく良かったですね。

私の場合は、ボイスコイルタッチが起因してるのか今日にでも応ってみます。
先日バラした折に二本のコイル線を動かして見ましたが、ちゃんと固定されてる感じでしたが
コイル側(磁石側)に異常が出てるのかも知れません、素人では開封出来ません、調べる方法は
有りますか?有りましたらアドバイスお願いします。

テスター等機材は一切ありませんので簡単に判別できる方法があったら最善ですが如何でしょうか。
Commented by flashdaiyouryou at 2015-09-08 23:27
pontaさん。こんばんは。
ボイスコイルタッチの判別はテスターでは難しいと思います。
測定器に造詣のある方なら方法を知っているかも知れませんが・・・。

コーン紙を真っ直ぐ押してみてヴォイスコイルの摩れる音がしたら完全にアウトです。
リコーンしかないと思います。勿論リコーンキットが出ていないと出来ない事です。

上記を試しても摩れる音が無くても特定の周波数で摩れる場合もあります。

1つだけ素人でもやれる方法があります。
中性洗剤を混ぜた水を作り、ダンパーにその水をスポイトで垂らし自己修復させる方法です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 久しぶりに頭にきた      fostex T500A >>