2015年 01月 04日
音楽的快楽とオーディオ的悦楽の融合 磁器瑠博士邸off会
f0062737_20175510.jpg

2ヶ月ほど前に久々に磁器瑠博士から電話をいただき、最近はどうですか、お元気ですかといった会話からはじまり、しばらく会話を続けて自然とオーディオの話になり実はアンプを総入れ替えしたのですよ、と教えてもらいました。

で、私がどんなふうに変わりましたかと尋ねると
音楽的な表現が良くなり、音楽を楽しんで聴ける様になりました。
かなり良い音だと思います。と言われました。

普段、磁器瑠博士はどんなに凄い音を出していても大した事有りませんと謙遜なさるのですが、
今回は「良い音」ですと自身ありげに話して下さいましたので、
オーディオ好きな私としては是非とも聴かせて頂きたいと思い、今回のoff会となりました。






f0062737_20164798.jpg




f0062737_2017033.jpg




f0062737_2017886.jpg



f0062737_20171950.jpg



f0062737_20172612.jpg

スピーカーは
LOWが15インチ
MID LOWが10インチ
MIDが2インチスロート
MID HIが1インチオスロート
HIが2405

といった感じで以前聴かせて頂いたときからの主要構成に変化の無い5WAYマルチアンプシステムでした。。
ただコンプレッションドライバー・ツイーター・10インチ用エンクロージャーは変更されていました。

しかし、出てきた音は以前とは全く違うものでした。





f0062737_20173353.jpg

WEST RIVER製特注プリアンプEC-1



f0062737_20174041.jpg



f0062737_20174873.jpg





f0062737_20154231.jpg

WEST RIVER製特注パワーアンプ
WEST RIVER E-120(低音)
WEST RIVER E-100(中低音)
WEST RIVER E-30(中音)
WEST RIVER E-50(中高音)
WEST RIVER E-10(高音)

最も大きな変更点はWEST RIVER製のプリ・パワーアンプ

ちなみにWEST RIVERのアンプの設計は元SansuiのAU-αシリーズ等の設計者です。
言うまでも有りませんが超一流の技術者です。


訂正
wrアンプの設計者は元電気通信大で教鞭をとっていた、川西先生で基本設計と基板の製作を行います。
その後
かつて川西氏と電気通信大で同期だったサンスイで幾多の機器の設計製作に関わった現イシノラボの平野氏が全体の製作と調整を行う、分業体制をとっています。

この場を借りて訂正とお詫びをさせていただきます。




重要なのはこの設計者(川西氏)が完璧なオーディオマニア(良い意味での)でなお且つ尋常では無い程の音楽マニアと言う事です。

そしてWEST RIVERのアンプが
いかにしてリアリティーを持ちつつ音楽を楽しく聴けるかに重点を置き、設計しているという点にあります。

まさに「音楽的快楽とオーディオ的悦楽の融合」を目指して設計されたアンプなのです。









f0062737_2018272.jpg

WEST RIVER αMC/RD(ヘッドアンプ)




f0062737_20184555.jpg

以前当ブログで私が目指す最終目標の音について投稿したことがありましたが、まさに磁器瑠博士が出されている音がその最終目標に近い音でした。

まず磁器瑠博士の音に関してオーディオ的な部分から感想を述べます。
(以下の感想はクインテット等のJAZZ再生時の話であり、クラシックコンサート等の大劇場の再生の感想ではありません。)

楽器の放つ音というのは
響きが豊かで、何より体を突き抜けていく振動が凄まじいと感じております。

単純に体に振動を感じる程度の音であればどこのシステムでも経験しておりますし、私の現システムでも感じる事ができます。

磁器瑠博士の音は振動が体を突き抜けていくまでは行きませんが、あともう少しで突き抜けていくような感覚を覚えました。
エネルギーの塊が散漫する事無く直接体に入り込んでくる感じです。







昔のオーディオ機器は中音が濃密で図太くて密度感が有り音楽を表現させたら現代ハイエンドの比では無いと思っています。
しかし、一方でオーディオ的な全帯域の情報量、徹底した音場に関しては現代ハイエンドに全く太刀打ちできていないのが昔のオーディオ機器とも感じています。

原音再生など今の技術では無理と解っておりますので
ならば、今あるオーディオの世界で可能な事は何かと考えますと
昔の機器の音楽的表現の豊かさと、ハイエンドの情報量と音場、
それぞれの良い所のみ融合した音を出す事と考えております。

しかし、それも本当に難しい事で
そんな音が出せればどんなに幸せだろうと思っていました。


West Riverで増幅した電気信号は既存の概念では到底無理だろうと思われていた音をスピーカーに送り込んでいるようです。

「昔の機器の音楽的表現の豊かさと、ハイエンドの情報量と音場、それぞれの良い所のみ融合した音」が見事にスピーカーから放たれていました。



磁器瑠博士は各種アンプを自作されるほど弱電にお詳しいのですが、知識が有るがゆえに最初にWest Riverのアンプを知ったときには懐疑的に思もわれたそうです。

既存のアンプ設計の考えではどう考えてもまともに使えるモノとは思えずにいたそうです。
しかし、一方で既存概念には無い発想だとしても開発者が大学の先生だし、思い込みのオカルトはやらないだろうという思いから興味もわいたそうです。

で、モノは試しとWest Riverに視聴器を1台だけ頼んで借りて音だししたところ
5WAYマルチの一台しか替えていないのに今まで経験したことのない音が出てきたそうです。
これはひょっとするとひょっとするかもしれないと思い、一気に他のアンプもWest Riverに替えてみたら

自作でもメーカー製でも成し得なかった音楽にただひたすらに没頭できる素晴らしい音が出てきたそうです。

「音楽にただひたすらに没頭できる」
私も実際に聴いてその通りだと感じました。


響きが良く、豊かでしなやかで定位が良く、音場の再現も良く、出て欲しい音はしっかりと出ている。

ひと言でまとめると


素晴らしい!!


これにつきると思います。



f0062737_2018923.jpg


f0062737_20182231.jpg



f0062737_20182925.jpg



f0062737_20183865.jpg






f0062737_20185141.jpg

夕飯時になり外で食べましょうかと磁器瑠博士にお誘いをうけ、外にでる前に磁器瑠博士のお母様に挨拶しようかとしましたら、なんと夕飯を用意してくれていました。
美味しかったです。

考えてみたら、磁器瑠博士のお宅にお邪魔するたびにお母様に美味しい料理をご馳走になっています。
いつも本当に有難うございます。

あ!思い出した。以前ご馳走になったあのプリンまた食べたいな~。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2015-01-04 20:27 | 色々 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 落書き      あけましておめでとうございます >>