2006年 05月 29日
FRの電池式ヘッドアンプ
PD444のアナログプレーヤーに取り付けられているSMEのアームの先にある
FRの電池式ヘッドアンプを綺麗にしました。
(この長ったらしい言い廻しには訳があります。エキサイトネームカードを登録の方には解ると思います。)
f0062737_23163092.jpg

サビやくすみが有る元の状態です。


f0062737_2318890.jpg

綺麗にした後の状態。
f0062737_23183314.jpg

さらにアングルを変えて。

リン酸でサビを除去した後に、コンパウンドで磨いた状態です。
もちろん、サビやくすみを取る時には、本体からケース(カバー)を取り外し行ないました。

サビは綺麗に取り除けましたので、近いうちにピカールでピカピカにしてみようと思っております。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-05-29 00:08 | オーディオ | Comments(6)
Commented by kitagawa at 2006-05-29 20:24 x
きれいになりましたね。別物みたい。
さぞかし音も良くなったんでしょう。
電池ボックスとの接点の端子の掃除をすればかなり違うはずです。
どんどん深みにはまっていきますね。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-05-29 23:53
kitagawaさん。今晩は。
やはり、趣味のオーディオですので、綺麗な方が、気分的にはいいものです。
オーディオとは、その時の気分により、聞こえ方も違ってきますので、
綺麗な方が綺麗な音に聞えるかも知れませんね。
接点は磨き忘れていました。
磨いてみます。
Commented by 金町の仙人 at 2006-05-30 18:07 x
  アルミニュームは通常アルマイト処理を施してあります。アルマイト処理とは表面はアルミナと呼ばれる非常に強固な皮膜に覆われる事になります。よって、ピカールで相当にゴシゴシと擦っても剥がれる事はありません。しかし、ピカールで磨くと妙にピカピカして逆に見苦しくなる場合が多々あります。そのような場合はクリアーラッカースプレーで数十センチ離して軽くスプレーするとコックリとしたビロードを思い浮かべる見た目になります。是非ともお試しを。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-05-31 02:14
おお!!
クリアーを塗ると
ビロード調で、しかもこってりですか。
試してみます。
教えて頂き有難うございます。
Commented by kitagawa at 2006-06-04 20:17 x
http://homepage1.nifty.com/lumierecamera/cartridge.html
高額カートリッジを導入しました。
効果は絶大。
入り口で取り入れた音楽以上の音楽はスピーカからは出ません。
そういう意味で、小さな機器ですがカートリッジは最強のアナログ機器であるべきです。
ちっとも高くなんてありません。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-06-05 01:13
kitagawaさん。今晩は。
これだ!!
と思えるカートリッジに出会えたようですね。
おめでとうございます。
私も地道に色々なカートリッジを聴き、いつかはこれだ と思える一品に出会いたいです。

それにしても、kitagawaさん大絶賛のカートリッジとなると、非常に気になります。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ジキル博士邸 再訪問      ピンピンボンボンピンボンボン >>