2014年 03月 20日
今回は駄目かと思ったけどレストア成功!音がでた!!
f0062737_5204833.jpg

National BX-230 5球スーパーのレストアをしました。
これを手に入れたのは5年以上前だと思います。オクで落札しました。

手に入れた当初は
キャビネット傷だらけ。
シャーシ全身錆だらけ。トランスも錆まみれ。
チューニングの糸切れ。
撚線の被服はボロボロで触っただけでポロポロとれるしまつ。
パイロットランプ全部球切れ。
UZ-42はベースが真空管から外れている状態。しかもグリグリ弄っていたら足からリードがぶち切れた。
コンデンサーは確認の為のチェックすらやる気が起きない程の酷い状態。それでも一応確認したら全滅でした。
スイッチ付ボリュームのスイッチ接点不良と酷いガリオーム。
電源スイッチ・トーン切り替え部の接点不良、回転部の固着。
出力トランスの1次側断線。

とこのように酷い有り様でした。

チビチビと諦めずに少しずつ直してゆき、一部オリジナルの回路を変更して、ようやく本体の修理が完了しました。
しかし文字で書いてしまうと「修理が完了しました。」で簡単に済んだように捉えられるでしょうが、実際には私には初体験となる色々と大変な事の連続でした。

調整は測定器を持っていませんので、下と上の周波数で感知できる局が最大になるようにしました。


後はキャビネットです。
塗装の剥離作業は済んでいるので、箱を組み直して、ニスを塗りなおして、照明をLEDに変更すれば取り合えず完了の予定です。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2014-03-20 05:21 | オーディオ | Comments(8)
Commented by jbl375jp at 2014-03-20 19:27
拍手!!
Commented by flashdaiyouryou at 2014-03-20 19:43
やっさん。ありがとうございます。
なにげに大変でした。
私にはマルチセルラーホーンを造る作業よりも大変でした。
Commented by idoms at 2014-03-21 08:42
凄い!
文字では語り尽くせないご苦労をお察しします。
完成が楽しみです!
Commented by flashdaiyouryou at 2014-03-21 18:45
idomsさん。こんにちは。
そうなんです。解らない事の連続で調べながら作業したので大変でした。
でもおかげで少し詳しくなれたかもと思っています。
昔から思っている事ですが、解らないうちは難しい事でも解ってしまうと簡単な事になるから人間の脳は面白いと思います。
Commented by d4studio at 2014-03-21 22:26 x
貫禄の外観ですね!
Commented by 音爺 at 2014-03-21 23:24 x
ごっつ!
かっこいいですね。
これから音が出るって、なんかロマンです!
大変だったようですね。。。
Commented by flashdaiyouryou at 2014-03-22 19:42
d4studioさん。こんばんは。
貫禄ありすぎて修理する気が起きずに5年以上もほったらかしてしまいました。
Commented by flashdaiyouryou at 2014-03-22 19:46
音爺さん。こんばんは。
写真の状態でも入手時と比べると半分位錆をおとしているんですよ~。
結構綺麗に受信音が聞こえてきます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< フロントパネル      バリコンチューナーのLED化と... >>