2006年 05月 02日
AT33PTG
f0062737_2159817.jpg

audio-technica   AT33PTG
再生周波数範囲:15~50,000Hz
出力電圧:0.5mV(1kHz、5cm/sec.)
チャンネル・セパレーション:30dB(1kHz)
出力バランス:0.5dB(1kHz)
針圧:1.6~2.0g(1.8g標準)
コイル・インピーダンス:17Ω(1kHz)
直流抵抗:17Ω
負荷抵抗:20Ω以上
コイル・インダクタンス:70μH(1kHz)
スタチック・コンプライアンス:40×10-6cm/dyne
ダイナミック・コンプライアンス:10×10-6cm/dyne(100Hz)
針先形状:マイクロリニア(ML)
垂直トラッキング角:23°
外形寸法:H16mmW16.6×D26.5
質量:6.8g
f0062737_237488.jpg

針圧は2.0gに設定。
標準の針圧設定では1.8gですが、私の場合、針圧は上限にする方が好みの音となりやすいので、最初の段階でMAXの2.0gに設定しました。
デジタル針圧計の上に乗せております錘は、より正確な値を出すために乗せる事と致しました。
最近気が付いたのですが、このようにする事で0.05gの誤差も無くなるようです。
おそらく、市販されているデジタル針圧計もこのように何らかの対処をしないと0.05g程の誤差が生まれるのではないでしょうか?

AT33PTG の再生周波数範囲は15~50KHzという、とんでもない特性を叩き出します。
いやがおうにも期待感が高まります。

f0062737_243419.jpg

このAT33PTGというカートッジは凄まじい感度のようです。
とにかく何でもかんでも音として拾ってしまいます。
アームを止めているアームレストの金具をパタンと外すだけでパタンとスピーカーから音が出ます。あらゆる振動を音に変換してしまうようです。
CDの再生周波数範囲を遥かに超えるAT33PTGの凄まじさを針を落とす前に体感する事で、
ますます期待感が膨らんできました。
FRの電池式ヘッドアンプに接続しました。

まず最初に掛けたレコードはデクスター ゴードンのグレート エンカウンターです。
A面はカーネギーホールでの録音。
B面はCBSレコーディングスタジオでの録音。
以前、MC20でこのレコードを聞いたときには、デクスターゴードンの図太いテナーサックスを聞く事が出来ましたが、AT33PTGですと、ゴリゴリといった図太さではなく、サックスの響きを楽しむといった雰囲気でした。それと高域が少々キツイ感じを受けましたので、チャンデバでHIのレベルを少々下げてみますと、キツさは取れましたが、高域の分厚さが薄くなってしまいました。

2枚目に掛けたのはハンプトン ホースのピアノ トリオ セイアーンスです。
このレコードは高域のレベルを少し下げる事で、綺麗なピアノの音を聞く事ができました。
個人的な感想ではピアノがメインの曲にこのカートリッジは合うような気が致しました。

それにしてもこのAT33PTGはレコードトレース中に上下によく揺れます。
レコードにそりが無い場合にはカートリッジはピタッと止まりトレースしていますが、
そりの有るレコードの場合には盛大に上下に揺れます。
ハリが飛ぶ事こそありませんが、トレース中に針圧が無茶苦茶になっているのではないかと不安になるほどでした。


   
[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-05-02 22:05 | オーディオ | Comments(8)
Commented by 学園天国 at 2006-05-03 14:04 x
録音が古いと結局録音されているレンジが狭いためか、針でレンジを広げても無意味ないし逆効果になるようです。あのナローな102が小気味よいのはそういう理屈なんだろうと理解しております。
そのため古いジャズではあまり使いません。比較的録音の新しいロック・クラッシックで主に使っております。ただカッティングの良い物であればジャズでも威力を発揮すると思います。
一度その解像度に慣れてしまうと後戻り出来ない感じがあるのですが、高域がうるさくなる時や全体に音像がばらつく時があるし、録音・カッティングがもともとよくない時は正直に鳴らしてもだめですから他にスイッチするということになりますね。
揺れに関しては針の自重、指定針圧の軽さによるものなんでしょう。うちでも針を吹っ飛ばしたレコードが1枚あります(本当に酷いレコードですけど)。またコンプライアンスが高いのでコンディションの悪い物にはあまり向かないでしょうね。
これ1本でやろうとすると無理がありますが控えがあるなら、CPからしても凄いカートリッジだと私は思います。この次は10万円コースでしょう。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-05-03 19:12
学園天国さん。
デクスター ゴードンのグレート エンカウンターは1978年の録音。
ハンプトン ホースのピアノ トリオ セイアーンスは1966年の録音です。
MC20でこの2枚を聞いたときには特段、レンジの狭さは感じませんでした。
確かにAT33PTGは高域方向のレンジが上がったような感じを受けました。がレコードの録音状態でこのカートリッジの性能が逆効果になるかどうかは疑問です。
イコライザーのインピーダンスマッチングがずれている可能性も考えられます。

>全体に音像がばらつく時
この件に関しては、おそらく、アームのラテラルバランス調整、又はスピーカーにあるのではないでしょうか。
たとえフルレンジ1発でも特性にはバラツキがあるものです。
それに部屋の状況により左右の特性は変わるものです。
Commented by gakuen-t at 2006-05-03 19:53 x
システムに関しては変更せず、レコードだけを変更しているので、ハードの問題は特に関係ないと思うんです。レコードの差(個体差も含めて)がでていると思います。
ここで言いたかったのは、ない音はいくら頑張っても出ないし、きっちり再生してもそれなりにしかならないという単純なことであり、解像度が凄い良いカートリッジだと言うことです。レンジ感に関しては音源においてレンジの広い物でなければ差は感じないのではないでしょうか。また有意的な音が録音されてない場合にレンジを広げてもそれを良い音と感じることはないように思うんです。
ジャズに関して基本的にベストではないですが、解像度やレンジ感を狙った録音と言う意味で新しい物なら他の物より良い気がします。もともと人間の耳はナローな方が心地よいと感じる傾向があるようですし、録音も中域のエネルギー感を狙った物が、殊にジャズの録音には多いせいでジャズは苦手になるのではないかと考えています。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-05-03 20:13
学園天国さん。どうもです。
>ない音はいくら頑張っても出ないし、きっちり再生してもそれなりにしかならない・・・
仰るとおりです。
この件に関しましては、ダイナミックレンジを改善するブツを、ある方から貸していただける事になっています。
ちなみに、エンハンサーではありません。

AT33PTGの解像度の素晴らしさは私も感じております。
Commented by 暇な人、改め 北川(本名) at 2006-05-05 21:07 x
http://www.hifido.co.jp/merumaga/2f/060505/index.html
面倒くさいので、本名で行きます。
ハイファイ堂のメルマガから、こんな面白しろそうなものを見つけました。
MONO聴いていますか?
Commented by flashdaiyouryou at 2006-05-06 02:26
北川さん。いつもどうもです。
突然の本名のカミングアウトで驚きました。

MONO聴いておりますよ!
おかげ様で、STEREOに関しては
レコード1枚に対してカートリッジを取っかえひっかえして、
楽しんでおります。
不思議な事にSTEREOばかり聴いておりますと、MONO盤が妙に聴きたくなる時がありまして、DL-102に付け替えMONO盤を聴いてみると、やはりMONO盤は図太くて良い感じに聞こえます。

CG25Diの音、聴いてみたいです。
私も頬をひっぱたかれたい?です。

Commented by o157 at 2010-03-02 19:48 x
初めまして。「AT33PTG」で検索してきました。

私もAT33PTGを使っているのですが、写真にあるような長いビスは
どこで手に入れられましたか?
元々付いているビスだと今自分が使っているシェルとトーンアームが一体化
した物に取り付けがぎりぎりで、別売りの指かけが取り付けられず困っています。
ホームセンターやネジ屋にも行きましたが、ありませんの一言。
もし差し支えなければ教えて下さい。 

追伸 ブログおもしろいですね。また見させていただきます。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-03-05 01:55
o157さん。ブログをご覧頂ありがとうございます。
シェルに取り付けるネジは2.6mmを普段使っています。
長いネジは秋葉原のネジ専門店で以前購入したことがありますが、店名を思い出せませんが、確かオヤイデがある通り沿いの店だったような気がします。
お力になれずすいません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 自作      AT33PTG >>