2012年 07月 02日
MITのケーブルとかJOBのプリとかmy systemで視聴 その1
f0062737_153453.jpg

donさんとまたまたOFF会をしました。

今回は高級ケーブルとJOBのプリアンプを持ってきて頂き、私のシステムでどのように変化するか試す内容となりました。

まずは壁コンセントからMIT SHOTGUN AC1(電源ケーブル)を接続 





f0062737_1581568.jpg

その先にMIT Z-STABILIZER MARK-3(クリーン電源)




f0062737_201627.jpg

MIT Z-STABILIZER MARK-3(クリーン電源)からまたMIT SHOTGUN AC1(電源ケーブル)を自作のタップに接続。

ここでまず視聴

電源ケーブルだけ、しかも一部分だけの変更なのにわかり易い変化がありました。

大きな変化としては上下・左右への音の広がりを感じる範囲が広くなり、また定位も良くなりました。
ケーブルを変えて音色が変わるのはよく聞く話ですし、私も以前より経験済みでしたが、今回の大部分の変化は音色では無く広がりや定位に変化が有ったので驚きました。

細かい部分では繊細感または音数が増えたような感じに聞こえました。



次に





f0062737_262959.jpg

MIT Z-STABILIZER MARK-3(クリーン電源)からZ-CORDⅢ(電源ケーブル)を自作のタップに接続。

基本的にはSHOTGUN AC1(電源ケーブル)の時と変わらない広がり感や定位の良さなのですが、Z-CORDⅢでは音が前に定位するようになり、さらに後ろにも音が展開されるので前後感が加わりました。

MIT SHOTGUN AC1+Z-STABILIZER MARK-3+Z-CORDⅢの組み合わせは
電源ケーブル=アクセサリーという概念は捨てたほうが良いと感じました。

しかし、このケーブルの組み合わせを組み込まなければこのような音が出せないとは全く思っていません。
他にも方法はあります。
だからこそ
他の方法も知っているからこそ
もうこれはひとつのオーディオ機器であると言っても過言ではないとも思います。



私はケーブルによる調整というものをdonさんの音を聴く前までは 
「何を細かい事に目くじら立てているのだ、そんなことやる以前にやらなければいけない事が沢山あるだろ! またはケーブルなんか弄ったって所詮は些細な変化でやる意味なし」と本気で思っていました。

しかしケーブルでも凄いモノが存在するのだと知り、考えを改めなければいけないと感じるようになりました。


私の今までの経験では音に広がりをあたえる、定位を良くするという行為は・・・。
長くなるので つづき にします。
つづく

[PR]

by flashdaiyouryou | 2012-07-02 02:42 | オーディオ | Comments(2)
Commented by darda95_215 at 2012-07-03 08:16
箱つきケーブルって効果がわかり易いですね。電源系だと全体に効きそうなので興味あります。
Commented by flashdaiyouryou at 2012-07-04 23:44
ダーダさん。こんばんは。
MITの箱の中身は謎ですが普通のケーブルとは違った変化で驚きました。
私もついに電線病に感染したようです。
仰るように電源系は全体に効果が出るので解り易いです。
でもなんで電源ケーブルだけでここまで変化するのか謎です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< MITのケーブルとかJOBのプ...      project jbl >>