2012年 06月 19日
小音量でも実在感のある音(donさん邸)
f0062737_15134334.jpg

donさんとこに遊びに行ってきました。

写真のパワーアンプはJOBのJOB150
モノラルなので2台使用。

ヒートシンクが互い違いになるように置いていますが大して熱くはならない様なので廃熱的には問題ないようです。





f0062737_15152280.jpg

f0062737_15154335.jpg

MITのクリーン電源Z-CENTERから各機器に給電。
壁コンセント→クリーン電源 MIT Z-CORDⅡ
クリーン電源→トランスポート MIT SHOTGUN AC1
クリーン電源→DAC MIT Z-CORDⅢ
クリーン電源→プリ MIT SHOTGUN AC1
クリーン電源→パワー XLO REFERENCE2 TAPY 10A





f0062737_15153058.jpg

f0062737_15155075.jpg

トランスポート→DAC トランスペアレント
DAC→プリ PAD MUSAEUS
プリ→パワー トランスペアレント







f0062737_15161338.jpg

パワー→スピーカー PAD MUSAEUS 





f0062737_15162675.jpg

コンセントプレート&コンセントカバー オヤイデWPC-Z




ケーブルや電源関係だけでも相当な気合の入れ具合です。


私は今までケーブル類に関しては 音が変わるのは認めるが、それがどうした大した変化では無いと感じていました。ゆえに懐疑的だったのですが、donさんの音を聴き、考えを改めなければいけないと思いました。


ケーブルで音は激変する事を体験しました。

しかし、ケーブルというのは非常に厄介なモノであるとも感じています。

donさんの音は小音量にも関わらず非常に実在感の有る音で素晴らしいと感じました。
勿論、高級なケーブルを使えば求める音が出てくる訳ではありませんので機器の置き方、スピーカーのセッティング等、試行錯誤の結果の音だとは思います。

しかし私のシステムにごっそりそのまま同じケーブルを使用し交換したとしても同じように好印象に変わるかどうかは試してみないと解りません。

部屋の状況、使用機器またはスピーカーのセッティングにより最適なケーブルの選択は変わると思うからです。

このことはdonさんも同意見で現在使っていない高級ケーブルが多数あるのですが、今後のセッティング変更後の事を考え、残しているようです。


つづく・・・。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2012-06-19 15:18 | オーディオ | Comments(4)
Commented by Roberto at 2012-06-21 19:28 x
同感です。変わるのは確かですが再現性が無いところが難しいですね。
Commented by DON at 2012-06-22 14:47 x
こんにちは。いつもながら汚い部屋のDONです。

今回、ケーブルを替えて感じたことは、音色レベルではなく音場、特に奥行きが感じられるようになり、いろいろな音を無理やり詰め込んでいるJ-POPなどは見事に分離して大きな音の中にある小さな音が存在感をもつようになりました。
この音がいいか悪いかは別として、中学・高校生頃にこの音を聞いたら心の底から感動していたと思います。でも率直な感想としては、いいところもあるし悪いところもあるので、人におすすめするのは控えたほうが無難かなという感想です。
このように総合的・客観的に捉えて解釈するほうが正しいのかもしれませんが、それでオーディオの楽しさが見えてこなかったら(楽しく感じることができなかったら)チャレンジしたことに何の意味もなくなってしまうので、ここは長所だけをひたすら受け止めてケーブルに投資する価値はある!と結論づけたいと自分に言い聞かせております。
あと、flashdaiyouryouさんは『小音量』と書いていますが、和太鼓が反響して部屋がびびってるほどの大きさで聞いて頂いた時の感想で、私としては限界に近い大爆音です(笑)。
Commented by flashdaiyouryou at 2012-06-22 19:27
Robertoさん。こんにちは。
ケーブルに限らず他の機器でもスピーカーとの相性または個人個人の音の好みが有るので人がどんなに良いと言っても自分が気に入るかどうかは試してみないと解らないのがオーディオの世界ですよね。
そこが難しい所で有りまた楽しい所でも有ると思います。
Commented by flashdaiyouryou at 2012-06-22 19:40
DONさん。こんにちは。
先日はと言うかいつもお世話になっています。

>音色レベルではなく音場、特に奥行きが感じられるように・・・
そのことをつづきで書こうかと思っていました(笑

『小音量』ですが、あの音量では私にとってはやはり小音量です。
小音量であれだけの実在感が出せているのでむしろ日本の一般的な住宅事情では好ましい事かと思います。
OFF会の時にも話しましたが小音量でも音楽が楽しめる雰囲気を造りだせているので集合住宅向けかも知れません。
ただ不思議なのは私よりも爆音を出せる環境に有りながら小音量であそこまで追い込んだモチベーションは凄いと思います。
私ならば安易に音量を上げて実在感を求めて仕舞いますので・・・・。
まあ、使っているスピーカーにもよりますが・・・・。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 小音量でも実在感のある音(do...      新たな宿題 >>