2006年 04月 08日
DL-103に魂を吹き込む その2
昼ぐらいから、数々の巨匠にDL-103に魂を吹き込んでもらいました。
キャノンボール ・ マイルス ・ コルトレーン ・ ローチ ・ ロリンズ 等
お疲れ様でした。
いい加減、魂が吹き込まれたと思います。
DL-103の調整方法について色々な方から、重量を増やしたほうが良いと助言を頂きましたので、実行してみました。
f0062737_226326.jpg

ヘッドシェルに錘を貼付け、シェルとカートリッジの総重量は26.2gとなりました。
f0062737_2237376.jpg

針圧2.75gに設定、メインウエイトもフル装備でゼロバランスが取れました。
3012Rには、 フル装備のウエイトの方が似合います。
さらに、ラテラルバランスを取り直しますと、
あれだけシビアだったラテラルバランス調整が、かなりアバウトに行なえるようになりました。
どうやら、メインウェイトをフル装備にした時にラテラルバランスが具合良く合うように作られているのかもしれません。
f0062737_22374523.jpg

ご覧のように

不恰好です。

趣味でオーディオをやっておりますので、このカッコ悪さは、早急に何とかしたいと思っております。
こんなカッコ悪い状態でレコードを聞いているのを、依頼してくださった施主に知られたら、仕事が無くなってしまいます。

さて、音のほうですが、第一印象よりも魂が聞こえてきました。
しかし、やはり優等生です。
このニュートラルな感じは、今後カートリッジを聞き比べる時の、基準にしていきたいと思います。

さらに、トランス・・・
ん~   この件については、深みにはまりそうです。

アナログ!!  奥が深すぎです。でも 楽しい  と思う今日この頃です。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-04-08 23:04 | オーディオ | Comments(9)
Commented by east_bred at 2006-04-09 09:25 x
flashdaiyouryou さんと同じデジタル秤を買ったので、私のも計ってみたら23.8gでした。わたしのシェルはSTAX製でシッカリしている割に軽めです。
Commented by 金町の仙人 at 2006-04-09 12:58 x
私も長年DL-103を使っていました。音質としては確かにスタンダードとして使える物だと思います。但し、人によっては  無味乾燥  と評価する人もいるようです。まァ  そのような人は身勝手な  好み  を訴えているだけですので  馬耳東風  が正しい対処方法なのだと思います。DL-103に限らず針圧はある程度掛けた方がしっかりとした音を再生するようです。しかし、これが  IM型  や  MI型  となると話しは少々違って来ると思っております。これらのカートリッジは1~1.5gの針圧で非常に軽やかな音で鳴ってくれていた事を思い出します。今でも思い出すのは  B&O  の砲弾型のカートリッジです。形式しては  MI型  でした。非常に軽やかで清々しい音を再生してくれた事を思い出します。サテンのカートリッジも好きでした。非常に爽やかな音でした。但し、使い方に工夫が必要で、負荷1kΩで受けると高域のピークが押さえられ優れた音になります。但し、その場合は出力電圧が低くなりますので  ヘッドアンプ  が必要となりますがね。
  いやいや、始めての投稿であるのに少々生意気な事を申し上げて誠に申し訳ございませんでした。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-04-09 13:37
east_bredさん、こんにちわ
デジタル計があると何でも計りたくなります。
針圧測定以外でもこれがあると楽しめますね。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-04-09 13:55
仙人様、ようこそいらっしゃいました。
まさか、コメントを頂けるとは思ってもいませんでしたので、驚きました。

>人によっては  無味乾燥  と評価する
>そのような人は身勝手な  好み  を訴えているだけですので  馬耳東風  が正しい対処方法
いや~。
耳が痛いっス。
正直申しまして、DL-103の第一印象は無味乾燥でつまらないでした。
その後、色々な方から助言を頂き、実行してみますと、これはカートリッジの基準として使えるのではないかと気づきました。

>負荷1kΩで受けると高域のピークが押さえられ優れた音
>その場合は出力電圧が低くなりますので  ヘッドアンプ  が必要
そうなのですか!
教えて頂き、有難うございます。

仙人様らしい唐口のコメント有難うございます。
今後も宜しくお願いします。




Commented by 暇な人 at 2006-04-09 17:38 x
こうしてアナログ中毒の人が増えていくのを見ているのは本当に嬉しいですね。
心の中では「引きずり込んでやった。」とほくそ笑んでいる人も居るんでしょうね。
私も5年ほど前にアナログ復帰したばかりですのでまだ新参者です。
誰かに引きずり込まれた口です。大きなことは言えません。

カートリッジとアーム、トランス・ヘッドアンプ、イコライザーには本当に数限りない組み合わせがありますが、これを電気的な分析や歪みの関連から分析して追求する人も居ますし、信じるものは自分の耳とハートだけと割り切って探し求める人も居ます。
わたしはどちらかというと後者でしょうか。

趣味の世界ですからどちらも正解でどちらも楽しい道なんですが、これを人に頼らず、自分で切りひらいていくことに意味があるというか、この道のりが楽しいんですね。
じっくりと楽しんでください。
Commented by Flashdaiyouryou at 2006-04-11 04:21
暇な人さん
ハイ、見事に引きずり込まれております。
オーディオというのは、どれをとっても奥が深い世界だと思っておりますが、
現在の私はアナログにはまっております。
Commented by 暇な人 at 2006-04-12 17:03 x
時間が取れましたので、本日発送しました。
明日着くと思います。時刻指定しませんでしたのでゴメンナサイ。
もし必要なら、伝票NOをメールで送ります。ここではまずいでしょう。


送りましたカートリッジの諸数値は
ゴールドバグ メデューサ MC
針圧:1.8g~2g
インピーダンス:12Ω 出力電圧:0.2mV

DENON(デンオン)DL-102 MC 出力電圧:3mV
再生周波数:50Hz~10kHz インピーダンス:240Ω
針先:17ミクロン丸針 針圧:3±1g 質量:13g

MC20
出力電圧0.015mV、周波数帯20~20000HZ、負荷 抵抗2Ω、
針圧1.5~2g です。



Commented by 暇な人 at 2006-04-12 17:07 x
しばらくは使う予定がないのでじっくりと構えていただいて結構です。
トランスはローインピーダンス用、電池式の方は詳細不明です。
なお、電池式の方にも、バイパススイッチが付いていますが、通電中にこれに触ると爆音が発生しますので気をつけてください。
なお、入っている電池の消耗度は不明です。電池の元気さで音は全然違います。
後は注意事項はありません。
Commented by Flashdaiyouryou at 2006-04-13 02:35
暇な人さん
お忙しいところ、どうも有難うございます。
MC20、DL102、ゴールドバグ メデューサ MCという三点セットの撒き餌は、すでに撒き餌の域を超えていると思うのですが・・・。
私のような者に撒き餌して頂き、恐縮です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 無事届きました。有難うございます。      魂、吹き込み中 >>