2010年 06月 22日
最終目標
f0062737_16215566.jpg

アルトサックスの最低音を表現できるシステムを組んでみたい と思っています。

実際にアルトサックスを吹いてみて気づいた事ですが、たかだかアルトでも最低音は腹にビシバシ振動が伝わります。

しかし、オーディオではまったくこの振動が伝わってきません。

バスドラが腹に響くなんてシステムは色々なお宅やSHOPで経験していますし私のシステムでも感じる事ができます。

でもサックスの音が腹に響き渡るなんて音はどこにも聞いた事がありません。


なんとな~く響いているような振動を感じる なんてのじゃ全くダメなんです。

もう明らかに響き渡って腹にビシバシくる!こうでなくてはいけません。


そのような音をどうすれば出せるのか 何人かの方に聞いてみましたが、解らないと言われて仕舞いました。
逆に

そんな音が出せたらどんなに楽しいだろうね ともいわれてしまいました。






f0062737_1622548.jpg

私が目指すオーディオの音の最終目標は腹に響き渡るサックスの音色(振動)です。


死ぬまでに その音が再現できれば幸せだろうなと思います。






ちなみに最近ではテナーなんかもやっています。
更にちなみにこれはHigh-F#がないタイプです。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-06-22 16:46 | オーディオ | Comments(20)
Commented by 音爺 at 2010-06-22 18:01 x
311/511/2345/2350/2355/2380/2386/ゴールドウイング/お化けホーンと、あまりホーンの数は聞いた事がないですが、2386が一番サックスが”太かった”ですね。
2386は自宅で400Hzクロスで使いましたが、ホーンが太いって初めて感じました。
目の前で吹かれた本物のサックス間と間違う様な図太さは、忘れ難いです。
逆に言えばホーン臭さが強く、非常に使いづらいホーンでした。
2386と似た様な感じでは、ジャズに最高と言われる例のJBLのお化けホーンなどがそうかも知れません。
ホーン部の形状も2386とお化けホーンは似ていますし、音の傾向が似ているのかな?
Commented by 類似コラーニ at 2010-06-23 23:23 x
>腹に来る
出ますよ、オーディオで。
ガンガン行きましょう。
Commented by ip2005 at 2010-06-24 02:28
 サックス系をバリバリと鳴らすと聞くと、思い出すのが、
TEACのCDP、
あれはホンマにバリバリと鳴ります。
ただねー…それ以上はナイショ
Commented by akakura52 at 2010-06-27 08:02
FDさんお早うございます。
いつの間にかテナーまで購入されたのですね。

僕もジャズはサックスが鳴らないと不満一杯です。
感じとしてはアルトでテナーの図太さ、テナーでアルトの吹き抜けの良さ。

今回ホーンを自作してサックスの再生にはホーンが重要だと再認識しました。

ちなみち当方、このところ全く楽器をいじっている時間がなくますますヘボになりそうです。
Commented by Roberto at 2010-06-27 10:01 x
サックスの低音域は100~500Hzくらいなのでしょうね。
やはり大型ホーンドライバーとフロントホーンウーハーの世界でしょうか。
アバンギャルドのバスホーンはいい線行っていました。
それとも?
250リットルの密閉についたロクハンフルレンジから、それに近い音を聴いたことがあるので、いろんなアプローチがあるかもしれませんね。
このお話、僕も刺激を受けました!
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-28 08:30
音爺さん。おはようございます。
311も使われていた事があったのですね。
ホーン型にするのであればスフェリカルホーンのように指向性の鋭いものがいいように思っています。(想像ですが)
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-28 08:31
類似コラーニさん。おはようございます。
出ますか!
うらやましいです。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-28 08:32
ip2005さん。おはようございます。
CDプレイヤーでも音の変化はありますね~。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-28 08:34
akakura52さん。おはようございます。
>アルトでテナーの図太さ、テナーでアルトの吹き抜けの良さ。

まさに楽器を演奏されているかたならではの意見ですね。
私もそのように感じています。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-28 08:38
Robertoさん。おはようございます。
フルレンジは楽器や声の美味しい所の帯域が得意ですから やり方によっては面白いかも知れませんね。

ただ楽器の持つ鋭さまでフルレンジに求めるとつらいところもあるように感じています。
Commented by Roberto at 2010-06-28 09:05 x
>ただ楽器の持つ鋭さまでフルレンジに求めるとつらいところもあるように感じています。

そうですねー。
鋭さは、たぶん高域のリニアリティなんでしょう。 フルレンジは分割振動ですから、カツンという当たり感が少し丸くなりますよね。
かといってツイーター加えると不自然な感じも出るので、難しいです...
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-28 10:00
Robertoさん。すばやいレスポンスですね~。
私はいつもレスが遅くなりすいません。

フルレンジの分割振動は箱がうまく出来ていると嫌味に鳴らない鳴り方で好感が持てると思っています。

楽器の鋭さですが、もちろん高域も重要とは思いますが、中低音の支配力のほうが大きいように感じています。
Commented by Roberto at 2010-06-28 12:49 x
暇なのかもしれません(笑

中低音ならフルレンジの得意種目なので、ヤル気が出てきました。
Commented at 2010-06-28 17:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shun at 2010-06-28 18:20 x
flashdaiyouryouさん、こんばんは。

ホーンをバックにホーンの写真、凝ってますね(笑)
そう言えば人間の声に一番近いのがサキソホンと言いますね。

昔、Jhon ColtraneがMiles Davisに「サックス一本で和音は出せない物だろうか」と聞いた
ところ、MIlesがサックスを手にとってしげしげと眺めて「出来る」と答えたとか。

中期以降のColtraneの演奏スタイルは和音を出そうとしているような気がするしでてるかも。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-30 10:30
Robertoさん。おはようございます。
良い試合でしたね。

ご使用のフィリップスのフルレンジだと、ウッドベース等の 弦がブルンと震える雰囲気なんかが良い感じで再現されているのではありませんか?
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-30 10:31
鍵コメさん。おはようございます。
期待しております。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-06-30 10:34
shunさん。おはようございます。
意識していなかったのですが、言われてみればホーンにホーンでしたね。

>Coltraneの演奏スタイルは和音を出そうとしているような気が・・

今度意識して聴いてみます。
Commented by Roberto at 2010-06-30 15:38 x
あれこれユニットを試してもフィリップ君に戻ってしまいます。
凄いハイファイというわけではありません...なんとなく落ち着くんですよね(笑
低域に関してはエンクロージャーの影響が大きいですね。 
密閉だとキレがいいですが、量感はバスレフ。 難しいです。
バックロードホーンなんかどうかな~? 12インチで作例はあまり見ませんが。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-07-02 14:22
Robertoさん。こんにちは。
>バックロードホーンなんかどうかな~?
高さ4mぐらいのネッシー(共鳴管型)なんてどうでしょうか?
昔、町田の東急ハンズでネッシーの小型版で1.8mぐらいのを聴いたことがありますが、弦の響きがとても綺麗で驚きました。

今回私が目標とした音とは違った方向ですが・・・。

せっかく天井高さがとても高い事務所をお持ちなんですから、巨大ネッシーに挑戦してもらえると私は楽しいです。
(自己中な意見なんで聞き流して下さい)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 響棒      オーディオに対するやる気 >>