2006年 03月 20日
デジタル計量器に段差プレートを貼り付け、自作でデジタル針圧計を作成致しました。
f0062737_242124.jpg

ノギスで計量器の寸法を測り、CADにて、プレートの図面を書きました。
プレート自体はとても小さい物ですので、A4に1/1スケールで納まりました。
原寸で図面を書きましたので、そのまま型紙とし、アルミ板に貼付け、ハサミで切断致しました。
使用したアルミ板は厚さ0.5mmのものです。
0.5mmという厚さは、ハサミで容易に切断でき、針を載せた時もプレートがたわむ事が有りませんので、絶妙な厚さのようです。
(厳密に言いますとプレートはたわみますので、たわみ量を、構造計算上は求める事もできますが、すっかりと公式を忘れてしまいました。今、建築士の試験を受け直したら落ちる自身があります)

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-03-20 03:09 | オーディオ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< FM専用アンテナ      針圧調整 >>