2006年 03月 19日
針圧調整
使用しております、M44Gの針圧範囲は取説を見ますと0.75g~1.5gとあります。
今までは1.0gに設定しまして聞いておりましたが、何の根拠も無く設定しておりましたので、レコードをかけ好みの音がでる針圧を探してみました。
f0062737_2552376.jpg

女性ヴォーカルもので、探してみました。
色々と針圧を調整した結果、1.2g辺りが私の好みには合っているようです。

写真中央のビリーホリデイは  渋い の一言です。
女性ヴォーカルで渋いと言う表現が正しいかどうかは解りませんが、人生の節目に聞いたら泣けそうな程渋かったです。
今日は節目では有りませんので、泣けませんでした。

アームの調整をしたおかげで、以前よりも、音楽にのめり込めるような気が致しました。
(調整したと言う精神的な満足感も手伝っていると思います)

[PR]

by flashdaiyouryou | 2006-03-19 03:15 | オーディオ | Comments(4)
Commented by DOG-58 at 2006-03-19 12:09
私の3009はラテラルバランスの調整で苦労しました。
と言うのも、アーム内のケーブルの被服が経年変化で硬化してたようでいくら調整しても内側に引っ張られる状況でした。
止むなく、ケーブルを新しいものに交換しましたが今度は微妙な調整を強いられる事に・・・
現在は無事にバランスしているようです。

調整後に聴く音楽は精神的な安心感もあって良く聞こえるようですね。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-03-19 13:08
DOG-58さん、こんにちは
ラテラルバランスの調整中に実は、DOG-58さんのブログの記事を思い出し、ケーブルの硬化が自分のアームにもおきているのではないかと思っておりました。
あまりにも極端に調整したので、流れが納まったとはいえ、硬化がはじまっているような気が致します。
流れが納まらなくなった時の為にケーブルを買っておきたいのですが、購入店はオヤイデでしょうか?
Commented by DOG-58 at 2006-03-19 13:26
ケーブルはオヤイデにて購入しました。
ラテラルバランスを調整する方法として、ゼロバランスを取った後、プレーヤーの後部を4,5センチほど持ち上げてプレーヤー自体を傾かせてラテラルのバランスを見る方法もあります。
私はこの方法で調整しました。
針先をぶつけたりする可能性がありますのでかなり慎重に行う必要がありますが、有効な調整方法のひとつだと思います。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-03-19 14:36
教えて頂き、有難うございます。
プレーヤーを傾ける方法はPD444のインシュレーターの構造上、不安が有り、やらなかったのですが、情報を入手して、大丈夫そうでしたら試してみます。
アームはまだ保障期間中ですので、修理に出せるのですが、はっきりと壊れているわけではないので、微妙です。
自分で直すという面白みはあるのですが、難しそうですね。
自分でする事になりましたら質問責めするかもしれませんので、その時には宜しくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 台      トーンアーム調整 >>