2010年 02月 08日
セッティングの妙
f0062737_054442.jpg

久々にDONさんの家にお邪魔しました。


電話では何度も話をしていたので現在のオーディオがどのような状態なのか知ってはいました。

SPとプリとCDプレーヤーが追加されたとの事で 
どのような雰囲気なのか興味が有り聴かせて頂こうとは思っていましたが なかなかお互いに都合が付かず2週間ごしで合う事が出来ました。

スピーカーはセレッション3
プリはLUXMAN C-06
CDプレーヤーは管球式



f0062737_0541019.jpg

DONさんの音を聴かせて頂く度に思うのですが、SPセッティングの絶妙さに驚かされます。

セレッション3はとてもコンパクトな2WAY。
しかも密閉型です。

普通に考えると低音は寂しいものとなり、楽器の持つエネルギー感を出そうとするのではなく
中高音を生かした音場重視のセッティングにすべきと思ってしまいますが、

これがDONさんの手にかかると見事にエネルギー感重視の音になってしまうのです。

勿論 ユニットの大きさの限界、箱の大きさの限界というのは聞いていて見えてくるのですが、
限界まで追い込み、SPをしゃぶりつくしている音だと感じる事ができます。


管球式CDプレーヤーによる抑揚感の演出も効いている感じがしました。




その後、自宅に戻り、私のシステムもDONさんに聞いてもらいました。

その中で定位の話しになり

どうもボーカルが中心にビシッと決まらないと話すと、

DONさんがSP近くの壁にコートをかかげ 「どう?」 とたずねてきました。


これには正直驚きました。
コートをかかげた瞬間、ボーカルが中心にビシッといきなりきたのです。

参りました。降参です。


その後、色々とオーディオ談義で盛り上がったのですが、最後の方でDONさんがとんでもない事を言い出し
私のスピーカーに対する考え方が大きく変わりました。

オーディオとは所詮は自己満足の世界で、他人を喜ばすモノではありませんが、一人でモンモンとやるよりも
仲間と一緒に意見を交換しながらやった方が 自分の考えや発想を超えた何かを手に入れられるような気がします。

今回のoff会も有意義な時間を過ごせました。

[PR]

by flashdaiyouryou | 2010-02-08 01:34 | 色々 | Comments(4)
Commented by jbl375jp at 2010-02-08 11:33
こんにちは。

お近くに、そういう方がいらっしゃるというのは羨ましいですね・・

私はず~っと、独りよがりで来ましたから・・・

ブログを始めて、いろいろなご意見を頂いて、参考にさせていただいています(笑)
Commented by OT at 2010-02-15 03:30 x
DONさんって、確かハーベスをお使いではなかったですか?
プリはC-06αに見えますね。
ボーカルはSP間にQRDを入れると効果があります。
1次反射を吸収するかずらしてやる事で直接音のブレがなくなってフォーカスが合います。scepter200の時代にアンプを20台以上つなぎ換えましたが、1番変化したのはSP間のついたてでした。
Commented by flashdaiyouryou at 2010-02-24 01:40
やっさん。こんばんは。
近くにこのような友人がいたとは私自身も驚いております。

私もやっさんのブログを見て参考にさせて頂いております。

Commented by flashdaiyouryou at 2010-02-24 01:42
OTさん。こんばんは。
反射音は色々あれど、1次反射は重要ですね。

SP間の音響パネルは私も試してみたいと思っております。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ういんどーず7      JBLミラフォニック案 >>