2009年 02月 22日
off会 HARBETH HL5の底力
f0062737_2256229.jpg

近所のDONさんがハーベス用に新品で真空管AMPを仕入れたという事で早速聴かせてもらいに伺いました。


このAMPは中国製との事ですが、性能的には全く問題なく動作も安定しているようです。
デザインもなかなか優秀で所有する喜びを感じさせてくれる高級感があると思います。

(DONさんとは今までK君と言っていた友人の事で、本人の了承も得ずに勝手にハンドルネームを付けさせてもらいました。)










f0062737_22562384.jpg

以前聴かせてもらった時はLUXのA級AMPで駆動されていましたが、今回は真空管AMPという事でどこまで変化したのか興味津津で伺いました。


そしていざ視聴。



音は激変していました。

特に変化が激しかったのは低音で、量感が豊かになり音楽の安定感が更に際立つように感じました。

しかし、

この変化はAMPによる効果も勿論有るとは思いますが、それ以上にスピーカーのセッティングによるところが大きいかと思いました。


勘と経験がものを言うスピーカーのセッティング。

DOMさんのセッティングは流石という感じでした。





f0062737_22563449.jpg

スピーカー端子もなにやらゴージャスなモノが付いています。





f0062737_22574955.jpg

MC-10LというAMP

バイアス調整が楽に出来るように測定器の端子差込口がソケットの直ぐ近くに配してありました。
メンテナンス性も考えられているようです。





f0062737_22564385.jpg

セッティングとHL5の持つ音色とが見事に組み合わさり、とても心地よい気分で音楽を聴かせてもらえました。


どれくらい心地よかったかというと



寝不足でもないのに、聴いている途中で猛烈な睡魔に襲われたほどでした。


オーディオで音楽を聴いていて今回ほどリラックスした経験は有りませんでした。



DONさんの求める音は「癒し」だそうで、まさに求める音が出せているんだな~と思いました。


素晴らしい感性だと思います。


自分が求める音が解っていて、その為には何をしなければいけないか理解し 行動に移して求める音を出せている人なんてそうはいません。







f0062737_23265723.jpg

そして


我が家に戻り最近のFDミラフォニックの音を聴いてもらいました。


今回は色々聴いてもらいました。
ラッツ&スターとか森川美穂とか・・・・。


DONさんとは中学生から友人で同じ部活でした。
気の置けない仲間ですから、お互い言いたい放題のオーディオ談義で楽しかった~。


近所にこのような友人がいるとは、殆ど奇跡です。


[PR]

by flashdaiyouryou | 2009-02-22 23:49 | 色々 | Comments(12)
Commented by 音爺 at 2009-02-23 02:20 x
知人・友人・親友、色々有れど、共通の趣味、それも希有な趣味とも言えるオーディオで通じ合える友人が近隣にいるなんて、本当に羨ましいです!
まさに、奇跡と言ってもいい確立ではないでしょうか?(^_^)
そう言う友人との時間は、くつろぎの時間となるのでしょうね~~~!
Commented by Roberto at 2009-02-23 09:57 x
ちょっと羨ましいです(^^)そんなお友達、奇跡ですね。

DONさんの音とFDさんの音は全く違うのだと想像しますが、優劣ではないところがオーディオの楽しさですね!

>バイアス調整が楽に出来るように測定器の端子差込口が
うちのアンプもそうなっています。 調整用のメーターを付けて下さいと言ったら、こうしたほうがコストが安くなると言われました。
テスター差し込んで電圧測るだけで、超簡単です。


森川美穂...懐かしい...歌うまかったですよね!
Commented by jbl375jp at 2009-02-23 14:34
FDさん、こんにちは。
同じ趣味、しかし好みの違う友人がいると、楽しいですよね~
お互い、いろいろ刺激しあって・・・

この、中国製アンプ、現代の中国製アンプの見本のような作りですね。
ピカピカでゴージャスで・・(笑) SP端子もWBTのコピー、こちらでも
流行っています(笑) EL34のプッシュプルですかね?・・
Commented by flashdaiyouryou at 2009-02-23 20:30
音爺さん。こんばんは。
そうですね 
人との出会いと言うのは偶然ではなく必然なのかと思うようになりました。

中学生の時のDONさんとの出会いは今日のオーディオライフを楽しめるように見えないチカラが仕組んだ事だったのかも知れません。

音爺さんとの出会いもそうなのかも知れません。
何しろFDミラフォニックの音造りにはサウンドシャキットが無くてはならない存在になりましたので、こうなる為に出会えたのかも知れません。
Commented by flashdaiyouryou at 2009-02-23 20:36
Robertoさん。こんばんは。
ロベルトさんこそ言いたい事が言える親友がいらっしゃるじゃないですか!
奥様とともに建築に対して遠慮なく意見を戦わせ、お互いを高めあっていらっしゃるように感じます。


森川美穂 今日も聴きました。
久々に聴いてチョット嵌っています。
Commented by flashdaiyouryou at 2009-02-23 20:45
やっさん。こんばんは。
刺激しあえる仲間が近所にいる事に感謝しております。

中国製真空管AMP、EL34のプッシュプルです。
写真を見ただけで解るとは
流石にお詳しいですね。

中国製アンプは使い物になるのだろうかと思っていましたが、どうやら使い物になるようです。


Commented by jbl375jp at 2009-02-23 21:59
中国製アンプもなかなか捨てたものではありません。
良いモノと悪いモノのバラツキはありますが・・・(笑)

最近の日本向けはマジに作ってありますから、コストパフォーマンスは
抜群に高いですよ。
Commented by flashdaiyouryou at 2009-02-23 23:34
やっさん。
実はやっさんのAMP改造記事を拝見して、アンプに対するスキルがかなりないと中国製に手を出すのは怖いというイメージが有りました。

仰るように今回OFF会で聴いたAMPも回路設計から製造段階での管理の仕方等、海外でも通用するモノを提供しているようですね。

MC-10LというAMP
実際に聴いてみて私も欲しくなりました。
コストパフォーマンスも確かにものすごく高いですね。
Commented by jbl375jp at 2009-02-23 23:46
私のアンプは言ってみれば、ジャンクです。
2万円もしなかったのですから(笑)

ビンテージものは、経年変化で初期の特性は出ないモノが多いし・・・
中国製、国内のチャンと設計されたアンプだと心配ないと思いますよ。
Commented by ip2005 at 2009-02-24 22:33
ハーベスもうらやましい物も、この中国製アンプの不気味さというか
音を書かれたと言うのはウラヤマシイ、
一度flashdaiyouryou宅の音も聴いてみたいですよ…^^
Commented by flashdaiyouryou at 2009-02-25 00:40
やっさん。こんばんは。
ジャンクはそうですね、やっさん程の技術があれば手を出してみたいですが、その域までお勉強するのは私には無理そうです。

中国製のAMPは今後 人件費等で高くなる事は有ってもこれ以上安くなる事はないのでしょうね。
今が買い時なのかも知れませんね。
Commented by flashdaiyouryou at 2009-02-25 00:44
ip2005さん。こんばんは。
ハーベス 良かったですよ。
中国製AMPは実物を見るとゴージャスで造りもしっかりしていて見直しました。

遊びに来て下さい。
リンク欄に有るメールからご連絡下さい。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< やり始めるのか?      すぐに影響を受ける >>